嵩屋天狗堂~はてな支店~

オフロードバイクアリマス。

太陽をマジで追いかけてみた。~SSTR2017参加レポ・第一話~

仕事は半ドン。急な案件が飛び込んできたけど、何とか半日をやり過ごす・・・
っていうのは去年とだいたい同じ状況で。


今回の出発地は、福島県浜通り地方の南部、四ツ倉という地にある「波立薬師(はったちやくし)」。前泊地はいわき市の「ホテルα-1」としました。カウンターが24時間開いてるので、4時の出発でも問題なし!
www.alpha-1.co.jp

初回参加時の前泊地・横須賀のサウナでは、バイク置き場に苦労させられましたが、今回はストリートビューでバイク止めても良さそうなスペースがある事は確認済み。


今回使用した装備は。


・エンデュリスタン ブリザード

ぼっちバイカーさんのインプレを参考に♪
ラック・フレーム不要のエンデュリスタン ブリザードサイドバッグをオフロードバイクに取り付けた - ぼっちバイカーのブログ
Mサイズなのでキャンプには不足ですが、このぐらいの旅には丁度いい。


ジャイアントループ パニアポケット
www.webike.net
工具入れについて、迷い迷ってこれにしました。どうしてもフロントにつけたかったのです。何度か実戦投入していますが、ぶれたり緩むこともなく、取り出しやすいし防水だし、非常に満足!ただ、カウルが傷つくのでカッティングシートで保護しています。


GOLDWINシートバッグ

SSTR皆勤賞!使い勝手がいいです。今回はお休みの予定でしたが、リュックが背負えない事情があり急遽参戦。リュックにも変化するのでダートでは背負いたいと思います。


・DEGNER 防水ウェストポーチ

こちらも去年に続き参戦。防水とは名ばかり、しっかり水漏れします。DEGNERの防水はあまり信用できません。


・サイクルバッグ
store.shopping.yahoo.co.jp
自転車用なのでベルクロが強くなく、高速道路で風圧に負けて取れそうになりました。なので途中で外しちゃいました。ハンドルに簡単につけることが出来て、ちょっと何か入れておくことができるので、安くて意外と重宝です。


服は新調した勝負服を着て参加。
・秀吉さんと(id:hideyoshi-motolife)オソロのJTのモトパンと人麻呂に合わせたJTのオフジャー。ちょっと赤すぎた。で、こんな感じ
f:id:norimaz:20170525113219j:plain
本番前夜の変なテンション。


・これだけじゃ寒いのと防水も兼ねて、kappaの合羽的ブルゾン。もちろん人麻呂に合わせた感じで。


3番目のブルゾンが曲者で、前のりのいわきまでの行程はこいつを何とかする事に終始しました。

何がまずかったかって、あのフード!コイツが高速道路でスピードを上げると我が首を絞める!今回は林道で何があるかわからないので、高速で時間の余裕を稼いでおきたいのに、これを気にしていては充分なスピードが出せない!みんなけっこー普通にフードの物を着ていたから、ここまで苦しめられるとは想像していませんでした。

結局とった方法は、フードごとメットイン!これで一件落着かと思いきや・・・


高速走行中に給油警告等点灯?!まだ80キロしか走っていないのに?!?!タイヤの空気圧で燃費がハンパなく悪化する事は知っていたけど、まさか空気抵抗でこんな結果になったのか?!


とりあえずインターを降りて確認・・・タイヤの空気圧は充分、燃料漏れも起こしている様子はなし。給油してみて、少ししか入らなければ計器類の故障ということになるかな・・・しかし給油してみたらきっちり9リッター入った?!!いったいどーしちまったんだ人麻呂、いつからそんな大食いに?!?!

これまでの行程を振り返ってみると・・・出発時点ですでにTRIP150キロ程度。なるたけインターに近いポイントで給油したのですが、確かそこの店員がうすらボヤけたような兄ちゃんだった。もしやと思い伝票を確認・・・なんと2.7リッターしか入れてないじゃないか?!180キロ近く走っていたから、8リッターは入ったはずなのに。

KTMのENDUROは後にタンクがあり、口から底が浅いため、慣れない店員はおっかなびっくりちょろちょろ入れるのでやたらと時間がかかる。この時も確かに時間がかかっていたのです。いつもは給油機のメーターを確認するのですが、この時はルート検索やラインのやり取りで忙しく、見てなかった。

ホント、もう給油は自分でさせて欲しい・・・人麻呂にまともに給油できる人、3割ぐらいしかいないんだもの。田舎だとセルフってないんですよね。


そんなこんなで意外と時間のかかった前のりの行程でした。





ホテルα-1は、10年ほど前に行った中山道の旅の時に、滋賀県大津市で利用して以来。その時もバイク置き場に苦労することなく、十分なサービスを受けることができたので好印象なホテルです。


いわきまで来たので名物でも・・・と思いましたが、酒食が過ぎると翌日の腹具合にてきめんに出てしまう。余裕の無い行程で、便所篭りしている時間は無い。

というわけで、無難な?京風ラーメン「おおきに」。

いわき市のらーめん|京都ラーメン おおきに - いわき市のタウンナビ|ぐるっといわき
いわきで「おおきに」って言われる違和感たらw

そして欠かせぬ一杯の生ビール・・・いや、この店は「生中」とやらが小サイズなので、もう一杯(///▽///)隣のメロンパン屋で甘いメロンパンをアフターで。


充分酒食が過ぎている感は否めないまま、上手いこと22時にはベッドの中でオチる事ができたのでした。明日は3時半に起きるよ。


つづきます。