嵩屋天狗堂~はてな支店~

オフロードバイクアリマス。

READY TO 泥んこRACE!

「バカ」の上級種


f:id:norimaz:20170427001020j:plain

以前、一部のバイクを愛する人種のことを、一種の「バカ」と位置付け、のりまつ自身もまたこれに当たると書いたことがありました。
norimaz.hatenablog.com


自分がこの種の「バカ」であることに喜びを感じるものでありますが、実はこの「バカ」には上級種がおります。
ドラクエなんかでは「ダース○○」とか「○○ロード」とかついて、ラスボスのダンジョンでウヨウヨ出てきてプレイヤーを悩ませる、あいつらのような存在です。



私はバイクの世界におけるこれらの上級種を、畏怖と敬意を嫉妬をこめて

「変態」


と呼んでいます。


身近にもこう呼びたくなるような方がいるのですが、そのうちの1人Tロさんと言う人が、ある日の日記でこんな記事を紹介しました。

pirafu.blog44.fc2.com


どうですか、コレ?もう、頭おかしいですよね?
これを読んで、わたしはノーマルだと安心しました。だって、ここまでドSじゃないし、ここまで追い込まれたくないし、泥人形になるのも嫌だもん。
 



なのになぜ?!
 

1週間経ってもこの記事のことが頭から離れない!
 

気が付くと「2st オフロード」ってググってる!
 

YouTubeで2stがゲロでのたうち回ってる動画にワクワクしている!


まさか私にも変態の血が・・・?


認めたくないけど、まったくノンケというワケでもなさそうです。



READY TO 変態?!


ある日、先出のTロさんからちょっとしたレースへのお誘いがありました。


これまでも度々お誘いをいただいていたのですが、やれトランポが~とか日程が~とかで二の足を踏んでいましたが、今度はトランポはあり、戦闘機も配備しています。
f:id:norimaz:20170513141525j:plain
嵩屋天狗堂唯一の戦闘機KLX125「旭龍」


こんなイベントです↓↓
http://hpo-japan.com/2017doronkoregulation.pdf


ただ、2時間×2、走っている体力ないし、同じところ4時間もぐるぐるかー・・・ってな具合で、しり込みをしていたのでした。思いっきりハードル下げたイベントにお誘いいただいてるのに、バチアタリなのりまつです。



そんな折、旭龍の前の持ち主YYさんからお声が。

「“チーム旭龍”で一緒に参加しません?!」って。

うん、それなら面白そう!1人でぐるぐる走るより断然楽しいし、YYさんはWEXとかモトクロスイベントにも昔からたくさん出ている、一角の「変態」。頼りになります!これは楽しみになってきました。



READY TO RACE!装備編!


トランポと戦闘機はあるけど、もう少し準備が必要です。

まずヘルメット。シールド付のツアークロス3じゃ息苦しそうだし曇りそう。なので、シールドのないヘルメットを調達を画策しました。

まず日本製にこだわりたい。
でも品質は良さそうだけど、外国製に比べて華がないんですよね。ARAIとSHOEIで比較すると、幾分SHOEIVFXの方がとんがっててカッコいい。しかしお値段もカッコいい(つД‘)

このところ散財が続いているので、持っているもので何とかする事に。


私の持ってるARAIのオフロード用ヘルメット「ツアークロス3」
アライ(ARAI) バイクヘルメット オフロード TOUR-CROSS 3 グラスホワイト L 59-60cm
は、SSTR当時はこうでした。

f:id:norimaz:20161006221141j:plain

まず持っているツアークロスのシールドを外しちゃいました。でもこれだと目が無防備なので、ゴーグルはやっぱり調達。

ゴーグルは主にクローズドで使うもので、その際は人麻呂は使わず、旭龍か兆治(SUPER SHERPA)つまりカワサキでの参戦。

よってグリーン基調のモノを選ぶよ。で、2stとかに土をかけられてもいいように、バイザーも着けとかなきゃ。

・・・で、結局こうなりました。
f:id:norimaz:20170602212344j:plain


勝負服もグリーン基調でモトパンに合うヤツを新調しよう。


ブーツは・・・トライアル用でいいや!


READY TO RACE!タイヤ編!


一方マシンの方は。

当時はトライアルタイヤを履いていました。大分山がないけど、良く噛むんです、こいつが。でもYYさん曰く「ヌタでは役に立たない」と。

そこでYYさん手持ちのモトクロスタイヤに換装する事に。コソ練の時に交換という事になりましたが、交換前に「トラタイヤ+ヌタ」を体感してみよー!

「にゅるぅぅーー」って感じかな・・・と多寡をくくり、小さな水溜り後のヌタに直進で進入。

直進だし、まさかいきなりコケたりはしないだろう・・・と思ったが早いか、氷の上のようにスッテーン!タイヤ1周もしてないのにコレかよ!どんだけよ!山のないトラタイヤ、恐るべし!


その後、無事にモトクロスタイヤに履き替えました。
f:id:norimaz:20170602212825j:plain
うん、やっぱりモトクロスタイヤはKLXに似合う!


READY TO RACE!戦略変!


タイヤを履き替えたところで練習。ここのコースだと3周でヘロヘロになることは知っていました。そう、次に必要な準備は「体力!」しかしコレばっかりは一朝一夕に付くものではない。

ここは練習で走りこんで、疲れない走り方・自分のペースを見出すしかない。フルマラソンを走ったときも、こんな戦略を練り、それに向けた練習を重ねましたよ。おかげで、遅くても最後まで同じペースで疲れず楽しく走りきったんです。今回もそれを目指します。

午前午後あわせて、3,4,3,3と周回。全部で13周する中で、とりあえず見出せたのは・・・

・ギャップにいちいち付き合わない。
飛んだり跳ねたりは極力しないで、スピードを抑えてギャップはなめるように走る。ま、実際はそんなわけにも行かないんですけど。ついついアクセル入れちまうんですよね。

・なるたけコケない。
たとえ小さい旭龍でも、回数が増えれば起こすの大変になりますからね。ま、疲れてくればどうせコケるんでしょうけどね。

・なるたけ停まらない。
ゆっくりでも走り続けているほうが、再スタート切るより楽な感じがしました。ま、アツくなればガンガン走っちゃうし、疲れればヘロヘロになるだけなんですけどね。


・・・なんか、戦略の「せ」の字もありゃしない感じに。


とはいえ、ない体力をカバーするために。用意したものがあります。

練習の帰りにRSビートルに寄り、グッズを物色。緑色のいいジャージがないかなーなんて見ていると「キャメルバッグ」が。
http://www.nirinbanashi.net/wp-content/uploads/2016/11/1117bag.jpg
www.camelbak.jp
これはいわゆるハイドレーションで、トレイルランとか自転車のエンデューロなんかでも使う、「走りながら水分補給ができるリュック」といったもの。YYさんの勧めもあり購入しました。あとは、甘いものを口に入れると回復するので、小さいポシェットに甘いものでも忍ばせておこうかな。



あとは・・・灯火類にテーピングして、余計なものは外しちゃって。リア周りを色々外してみましたが、4キロにも満たない。軽量化って、大変。



さて、本番は6月4日です。初めてのバイクでのレースですが、ゆるそうなので楽しみなのがほとんど。ただ怖いのは、疲れで月曜の仕事がまともにこなせるか。




ま、ノンケなりに楽しんできます(笑)