読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵩屋天狗堂~はてな支店~

オフロードバイクアリマス。

旅支度~SSTR・準備編~

SSTR KTM 690ENDURO オフロードバイク

去る9月17日、SSTRというイベントに参加してきました。

www.sstr.jp.net

私にとってのSSTRというものを先日挙げました↓↓
norimaz.hatenablog.com

でもSSTRって、太平洋沿岸スタートじゃないですか。私の住む風の庄は埼玉県北部。ヘタすりゃ東京越えて太平洋行くより、新潟行くほうが近い。そんなわけで「太平洋側を日の出に出発」これの達成自体がすでにツーリングラリーで、いずれにせよ前泊が必要なんです。しかし前日から休みを取る覚悟さえできてしまえば、どこをスタートに設定しても自由なわけです。内陸に住んでいる者は、太平洋近くの人より1日多く旅が楽しめる。うん、前向き♪



出発地の設定

関東から羽咋市を目指すと、日本の1番太いところを通ります。どこを通るかよりどりみどり!と言いたいところですが、実は効率を考えるとたった2カ所。すなわち「安房峠」と「糸魚川」のみ。あとは3000メートル級の山々と、日本人の自然に対する自粛(「一般車通行禁止」「マイカー規制」みたいなの)が道を塞ぎます。
安房峠は去年通ったし、今年はシルバーウィークで混雑が予測される。糸魚川は帰りに通るから避けたい。

ちょいとここでひと思案・・・

・もとより前泊予定なんだし、関東発はヤメ!
・今年の相棒は水陸両用ならぬオンオフ両用機。ルートにダートを入れ込みたい。
・しかし去年より制限時間が2時間も短い。

こうした理由から、比較的直線距離の短い静岡県内発を目論みます。ダートもあるし、イイかも♪


そんなわけで私が選んだのは静岡県の御前崎。東に向かってとんがってて、日の出を迎えるには持って来いです。ストリートビューで日の出の拝みやすいポイントがあるか確認、ありますあります、ナイスな駐車場が♪

f:id:norimaz:20161006220131p:plain
よし、ここに決定!日の出が楽しみ♪前泊の宿も早々に予約しておきました。



物の準備

天気予報は芳しくなく、少なくとも半分ぐらいは降られる予定。なので。


・防水ウェストバッグ

財布とか、手帳とか、免許とか。大雨対策にジップロック(L)も同封。



・防水ヒップバッグ

これはいつも携帯しているモノ。タイヤチューブとか、ヘッドランプとか、三角巾とか、690ENDUROのマニュアルとか。雨の強くなった時はシート前部に着けてあるツールロールも仕舞い込める。



・防水リュック

2泊分の着替えを圧縮袋に入れて、省スペース&防水。朱印帳もここに封入。



・普通のシートバッグ

一応レインカバーが着いているけど、大雨では浸水する事が確認済み。濡れても大丈夫な洗面道具やサンダル、チェーンロック、新調した合羽・ブーツカバーを積載。


シートバッグ以外は体に着いています。立っていると重いの何の!しかし、シートに座っちゃえばヒップバッグがリュックを持ち上げてくれるので、重さは全く感じないのです。なぜ体に着けるのかというと、ひとえにダート走行の為!体に荷物をつけた状態なら、重心を操れる、というわけなんです。スタンディングすればステップに重心が集中するし、前座り後座りである程度コントロールができる。先輩旅人のWたるさんも、この理屈で大荷物を背負ってました。



宿泊

ここでいう宿泊は、SSTRゴール後の宿泊。参加を表明している仲間のうち二人はキャンプ予定。ワタシは荷物が大変なのと、祝杯を皆で上げたいので、宿の予定。実は去年一人で参加した時、宿泊は一人寂しく温泉宿にしたのですが、翌日MPさんというお仲間がセレモニーで声をかけてくれて、おかげでSSTRの充実度が倍増したのです。なので今年こそは、MPさんやお仲間とともに完走の夜を祝いたい!そんな趣旨でMPさんと話をしていたら、観光協会とどんどん話を進めてくれて、宿の手配は完璧な状態に。仕事が速い、MP姐さん!


www.ekiten.jp


・・・そんなわけで宿泊の心配は無くなったのですが・・・悔やんでも悔やみきれない出来事が。

それはMPさんが、のっぴきならない事情でSSTR不参加に!!この知らせを聞いた仲間達、とりわけSSTRには参加はしないけどMPさんと旧交を温めたくゴールで待ち伏せする予定だった人達は相次いでキャンセルに。同泊の人が減ることもそうですが、MPさんに会えなくなってしまったことが残念、しかしそれよりなによりMPさん自身がどんなに悔しい思いをされたかを慮ると、やるせなくなります。

かくなる上は、MPさんの分も楽しむのだ。SSTRにまつわる良いも悪いも楽しみ尽してやる。



番外編


ヘルメット。

オフ用とオン用を持っていますが、今回はロングダートも走る予定なのでオフ用で!オン用は口元が狭くて息苦しいんですよ。しかし高速も走るんだよな・・・風にあおられるんだよ、バイザーが!ってなわけで

f:id:norimaz:20161006221141j:plain

こうなりました。元はARAIのツアークロス3ですが、バイザーを取っ払ちまったんですね。一応「ターミネーター仕様」ってな物らしいのですが、ホントはシールドを保持する何かが必要らしい。でもこのままでも大丈夫そう。そもそもオフメットって何でバイザーが着いてるんでしょうね・・・?必要を感じたことがない気が(^^; でもだからと言って、無いとすっげー不満ですけど。何故って、あったほうがカッコいいじゃないですか!


おそうじ。

長旅の前にはお掃除しておきます。無事に帰れるかわからないし、出発前のお清めという意味もあります。特にトイレと玄関はきれいにしておきます。


林道の下調べ。

オフライダーならわかると思いますが、舗装・ダートに係らず林道はナマモノ。路面の状況が変わって、フラットなはずがガレガレになってたり、通行止めになっていたり。ツーリングマップルでは1本道の様でも実は分岐だらけだったり・・・
今回通る予定の「中腹林道」もその一つ。ログ付きの有用な情報があったので、それを参考に簡易版コマ地図を作っておきました。
このほか、目的地に着く為のショートカットルートの林道が生きてるかも確認・・・すると「ブナオ峠」が完全なる廃道であることがわかり、再設定を余儀なくされた、なんてこともありました。



どんなに準備をしても、「これでよし」と思えることがありません。しかし荷物には限界があり、過ぎた荷物は足かせにもなりトラブルの種にもなる。そんなやりくりも醍醐味と心得ながら、


いざSSTRへ。




次回、「首途を祝う遠州の名月~SSTR・前夜編~」へつづく。