嵩屋天狗堂~はてな支店~

オフロードバイクアリマス。

SSTR2019が~くるぅ~

能登から西の日本海は、荒らす輩もあるけれど、格別な色味を持っていると感じる嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。いつもの、あの旅が、始まるよ~ってな話をします。



SSTR2019

本日1月11日、午後8時。
SSTRの開催日程が発表されます。
お見逃しなく!

sstr.jp

f:id:norimaz:20190111014329j:plain
2018のゴール写真。

以上、嵩屋天狗堂史上最短記事を終わります!

千里浜で会いましょう!

寒い寒い冬の信州へ、ソロツーリング。と猫。

あけましておめでとうございます。快適ツーリングのためには多少の不格好はいとわない、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。わかっちゃいるけど本末転倒になってきたけどやっぱり転倒しちゃうけどバイクで転倒したわけじゃないというような話をします。

 

 

 

冬の信州路へ。

 

寒い時期にわざわざ寒いところへ行きました。ここのところ雨が降らないので、凍結の心配も半減かな、なんて目算もあったり。

寒い時期の信州、シンと冷えた空気が気持ちいいのです。そして低い陽光が醸し出すちょっと切ない感じもする冬景色や、道端や畑に積もる雪と、地元で見るより近く高く白い山々とか。

f:id:norimaz:20190108220218j:plain

佐久平の冬の畑と山々。冬独特の寒々とした陽光。これに美しさを感じるってのも温かい場所がある前提ですけどね。

f:id:norimaz:20190108224908j:plain

遠く裾引く蓼科の稜線。写真では伝わらない、佐久平の抜け感。

 

人麻呂君は、グリップヒーターがついています。それにハンドルカバーで冬のツーリングも快適です。

ハンドルカバーは不格好だけど、これのヘリーハンセンの物はハンドガードごと包めるので、高速で潰されることもありませんし、脱着も簡単。手を入れる口が広いため暖かさはそこそこですが、スタンディングや手を出し入れするのが楽なので、操作性の悪化も最小限で済んでます。

同じ物は絶版みたいですが、ZETAからオフロードバイク対応が出ているようです。

item.rakuten.co.jp

絶版でなければこれもいいかも。

item.rakuten.co.jp

同じ物かわからないけど、セローにつけてる人もいます。

 

 

 

蕎麦と古城と、春の匂い。 

 

佐久は手っ取り早く信州を楽しめる、恰好の地域。のりまつの愛する蕎麦も名店がちょこちょこあります。今回目指したのは、小諸・草笛。

f:id:norimaz:20190108221636j:plain

上田や佐久平駅近くにも支店があります。

バイクは写真の右下のスペースに停めていいって、店の人が言ってました。ちなみにこんな蕎麦です↓

f:id:norimaz:20190108222618j:plain

くるみ蕎麦。3年前の写真ですが。

量が多めなので、うっかり大盛りを頼まないことを勧めます。よほどの蕎麦好きでないと、おなかいっぱいになる前に飽きます。

 

草笛は「懐古園」の門近くにあります。懐古園小諸城の址。小諸城の独特なのは、街道より下にある事で「穴城」と言うそうです。三の門を入ると、本丸に向かって下って行くような構造になってます。

3年前に市丸で来たときは懐古園を散策しました(300円・・・)が、今回はパス。前回見なかった大手門が見たかったのです。ちなみに冬の懐古園は何もないけれど、その分静かでまったりできます。

f:id:norimaz:20190108223247j:plain

やはり3年前の写真。本丸跡にある懐古神社です。噴水が凍ってきれい。

 

f:id:norimaz:20190108224024j:plain

大手門。ここが、お城の最高点。武田信玄の家臣、山本勘助が縄張りをしたそうです。こんな所に城を作ろうなんて、やはり並外れた人って気がします。

 

f:id:norimaz:20190108224413j:plain

大手門の傍にあった、梅っぽい木。花芽が膨らんできましたよ。

同じ冬の陽でも、冬至を過ぎて年が明けた後の陽は、徐々に生命力を帯びてきて春めいた感じがします。ツーリング中も、時々ふわっと蝋梅のような花の香が鼻先をかすめました。これを楽しめるのはライダーの特権ですね。

 

冬でもバイク、とても充実してます。すんごい着込んで寒さ対策をバッチリしないとダメなんですが、それをする事でバイクを楽しめるなら、いくらでも不格好になっちゃいますよ。

 

 

 

 

 

本末転倒な余談

 

また猫のことを書きますにゃ。構想が概ね達成されたので。

 

まず、購入したキャットタワーを設置しました。

f:id:norimaz:20190108231910j:plain

突っ張り式です。が、実はほとんど突っ張っておらず、木ネジで上の皿を天井に打ち込む形。ウチは賃貸なので木ネジが打てず、突っ張らせるには工夫が必要でした。


これに伴い、ケージは縮小しました。

f:id:norimaz:20190108232148j:plain

横についていた部分を前に持ってきただけですが、扉を取っ払ってます。

 

で、取っ払った扉はというと

f:id:norimaz:20190108232316j:plain

開閉式天井!!

これでどうしたかったかというと、

f:id:norimaz:20190108232413j:plain

キャットウォーク!!

設置してわりとすぐ、上って下って渡って、遊んでくれています。やっぱりビビりだけど好奇心の強いねりちゃんの動きが始めでした。

f:id:norimaz:20190108232636j:plain

3猫、わかりますかな?

 

で、そのねりちゃんですが、嫁ぎ先が決まりました。東京都在住のむぎちゃんと同居することになりました。逃げてばかりいないで、仲良く楽しく暮らすんだぞ!

f:id:norimaz:20190108232909j:plain

スラッとしてて絵になるねりちゃん(仮)。なんて名前つけてもらうのかな。

 

窓際に設置したキャットタワーを登ると、掃き出し窓の上の細い窓に上がれるようになります。ここ、猫好きだろうなと思い窓際に設置したわけですが、案の定入り浸ってます。

f:id:norimaz:20190108233242j:plain

この狭いスペースに2匹でいることもあります。

 

なんか余談の方が多い気もしますが。猫なんて呼んでも来ないけど、可愛いっす!

 

 

 

 

 

 

 

泥姿三人男~房総編~

たとえ寒波やなんかが来ようとも、バイクは乗りたい嵩屋天狗堂・番頭ののりまつです。温かいはずのの土地で、見得を切ろうとして無様に泥まみれになったと言ったような話をします。




千葉の林道に行ってきました。


ブログ更新していないというだけで、実は結構ツーリングには出かけています。もうすぐ年も明けるし、思いついたようにアップしてみたいと思います。

メンバーはWっきーさん、D部長。D部長はお久しぶり。いつもの金谷港に集合でした。天気は時々雨がパラつくけど・・イケルイケルダイジョーブ!と言うことにしました。

f:id:norimaz:20181229001442j:plain
金谷港周辺を出発

コースもいつものお馴染み。金谷元名線は休憩なしで休みなく。竹岡への分岐はガッチリガードされてましたね。
軽く荒れてる道を降りきったところで後ろを見ると、いつもケツ持ちのD部長がなかなか来ない・・・ブランクがあって、路面も多少荒れてはいたけど、D部長ほどの豪傑がまさか。

引き返して様子を見に行こうとしたところにKDXの爆音が近づいてきました。そしてハンドガードには土が・・・やはり、ひとコケ済ませてきたそうです。


道の駅・保田小学校でのりまつのランチを確保。他の2人はすでに持っていました。事前にYYさんから聞いていた食堂に行くかどうかは、この時点ではまだ決めかねていたので、念のため。

そして内陸の林道へ。初めっから水たまりだらけ。避けようとしても周辺もぬかるんでてタイヤを取られる。いくつも水たまりを越えていくうちに、水たまりの真ん中を行くのが1番安定するらしい事を学習しました。

やがて大ヌタに遭遇。知ってる人は「ああ、あそこね」とわかると思いますが、毎年成長していて再来年辺りは本格的な沼になってるんじゃないかと思うほど。
ここはカーブになっている大ヌタで、イン側は大穴が成長して谷と化していました。ココを越えるのは怖かったので、アウト側から突破を試みました。しかしその先で停止していた先行車をかわそうとラインを変えようとした時に転倒。

転倒といっても、ゆっくりと。支えきれなくなったバイクを地面に置いて、身体は歌舞伎役者のように前のめりにオットットして、ベチャッと着地・・・泥にまみれました。その後ろでのりまつの転倒につられてエンストしたD部長。ヌタ場でキックの憂き目を見て叫んでいます。

そんな騒ぎをしてるヌタ場のイン側を、泥を掻きながら突破する団体様が。あー、そっちの方がいいのね。

その後もヌタガレと格闘しながら楽しく走ってると、後ろから聞こえる2stサウンドが、元の元気を取り戻しつつあることがわかりました。よかったよかった。



千葉は荒れ模様。


今回どこの林道もそうですが、最後の林道も去年より荒れていました。それはそれとて楽しみながら走ってると、大崩落が道を塞ぐ!
いつもヒルクライム遊びするポイントまでたどり着けず、引き返すことになりました。

戻る道で、D部長と順番が入れ替わる。初めはいくらかついていけたけど、じきに離され、消えていなくなりました。排ガスの匂いを残して。うーん、健在。


林道入口までもどり、しばし作戦会議。
・雨は強くなる。
・林道は崩落で、その先の食堂は遠い。
・だいたい、こんなドロドロで湿りきった姿で食堂なんて入っていけない
・でもあのヌタヌタ引き返すのヤダー
・でもでも舗装路をタラタラ帰るなんてもっとヤダー
f:id:norimaz:20181229003157j:plain
こんな風にダラダラと闊達に意見が交わされました(?)

とりあえず引き返して、屋根のあるフリースペースを探して、ランチにしようと言うことに。

引き返す道で松節林道辺りにさしかかると、小さなお社にひさしがあるのを発見。ここの軒下三寸をお借りして、雨宿り方々ランチにする事にしました。ここまでも雨やら霧やらが身体をぬらし続けましたよ。

f:id:norimaz:20181229003246j:plain
お社の軒先にて。
そして濡れ鼠ランチターイム♩

今日のランチは、保田小学校で手に入れた、おにぎり。あとカツサンドと卵サンドとハムレタスサンドのセットになったモノ。なぜだかビックリするほど旨かった!!


再出発の段になり、装備の見直し。ジャケットは防水ではあるけど、降り続ける雨に限界ギリギリだし、オーバーパンツは防水じゃないし、合羽を着ることにしました。しかし出してビックリ、なんと妻のを持ってきてしまった!

ダメ元ではいてみるも、やっぱりダメ!しかたなく予備で持ってきていた防水ヤッケと、ブーツカバーでごまかすことにしました。


山中林道を抜けると、お腹いっぱいモードに。雨で気持ちが萎えてるのもありますね。

道の駅・保田小に戻り、お茶飲み場所をさがしました。しかし、ここは家族連れやオサレなライダーが集うリア充の聖域。ドロドロビチャビチャなおっさん達が居ていい場所などあるはずも無く。しばしベンチでダベって、13時30分頃には解散となりました。


散々なようだけど、男三人泥んこ道中。中々に楽しいモノです。また遊んでくださいね。




余談、猫話。


少しずつ馴れてきて、お兄ちゃんのたもは、ご飯の支度をしてるときだけ、スリスリしてくれるようになり、他の2匹もシャーはしなくなりました。

そしてついにキャットタワー導入!
ベーシックねこタワーヘブンリー - フルタワー【突っ張りタイプ】 [ねこタワー・キャットタワーのキャッツデポ]

予定通り、ケージを少し縮小して、もう少しケージ外で過ごせるように仕向けてみますが・・・今日は来客があり、最上階でビビり猫団子を作ってます(〃ω〃)

f:id:norimaz:20181229131753j:plain
ビビり猫団子が緩んでダラつく3ネコ


では、良いお年を!

猫ぢや猫ぢやと仰いますが

野良猫に見つめられると、生き物としての価値を見定められているような気持ちになる嵩屋天狗堂、番頭ののりまつでございます。このほど長年の念願がかないましたというようなお話を致します。
なお今回、バイクは一切出てきません。


念願。


念願といっても何のことはありません、猫との同居を始めたというだけです。
動物にはさほどの興味もなかったのですが、いつの頃からだったか、猫のただずまいに何ともいえない愛着というか親近感というか羨望というかシンパシーといったような物を感じ、いつか同居してみたいという気持ちが長い時間をかけて徐々に徐々に強くなっていったのでした。

想いが募る日々を送る中、ちょっとした人生の転機を迎え転居の必要が生じ、必死に「猫可」の賃貸を探してなんとか見つけ出しました。「ペット可」ではダメですね、「ペットはいいよ、でも猫はダメー」ってな話が多い。
そして人生の転機ついでに「ビーストテイマー」の資格を持つ伴侶を得たことも重なり、いよいよ実現可能な条件が揃ってきました。

f:id:norimaz:20181112231657p:plain
「ビーストテイマー」でググって上の方に出てきたキャラ。寸詰まりでちょっと妻に近いかも?ちなみに猫耳は生えてません、念のため。


あとはお迎えする猫様に出会うだけです。



出会い


どんな猫をお迎えするか。これは始めから「保護する必要がある猫」と決めていました。ペットショップにいるお高い猫たちは可愛くてキレイでしたが、そんなに資金は潤沢では無いし、世の中には保護したほうが良い猫がたくさんいるらしい事を知っており、保護猫サイトを読み漁っていたのでした。
www.neco-republic.jp

www.pet-home.jp


そんな日々を送る中、なんと妻の実家に居付いていた野良猫が、4匹生んだとの報が。縁は異なもの、このタイミングを逃す手はありません。
黒毛の父親と白キジの母親「ホホ」の間に、キジトラ♂①・キジトラ♂②・黒毛♀・白黒ハチワレ♂の4匹。このうち、妻の見立てでキジトラ2匹を嵩屋天狗堂で引き取り、黒毛は関東近辺で貰い手を捜し、ハチワレはちょっとおバカなので母の元に残すことになりました。

f:id:norimaz:20181113000630j:plain
母猫の「ホホ」。可愛く鳴いては餌をせびり、時々モグラや蛇を獲ってお返しに来る、したたかで賢く、狩りがうまくて義理堅い、できる女です。父は、時々ふらっと現れるけど、絡みなし。

野良は人に慣れさせるのが大変だったり警戒心が強かったりで何かとハードルが高いとの事でしたが、ウチの妻は歴戦のビーストテイマーなので、きっと大丈夫!しかしここで問題が。

妻の実家ののっぴきならない用事で、妻が遠い実家にしばらく帰ることに。素人のりまつが1人で世話をするのは全く持って自信がない。そしてのりまつ自身も妻の実家に行かなければならない事もあり、しばらく延期に。


こうして延びに延びて、転居から約1年目、ようやくお迎えする日が来ました。遠い遠い妻の実家へ、車で迎えに行きましたよ。
野良の捕獲は困難を極めることが予想されましたが、さすがは歴戦のビーストテイマー。この日に備えて、母屋と屋根続きになっている納戸の様な所で餌を与える習慣をつけさせていました。ここで餌を食べているところを捕獲!キジトラ2匹と黒1匹。
車にケージをあらかじめ組んでおいて、3匹をその中に入れ遠路はるばる埼玉へお引越ししました。始め少し鳴いていましたがそのうち静かになり、死んでしまってないか心配になるほどでした。
f:id:norimaz:20181113002123j:plain
仲良く暮らしていた母子を引き離すのは、なんだかとても切なかったのです。人間の身勝手で引き離してしまったと考えてみたり、人間が文明を作ってしまったばかりに生きにくくなってしまったのではないか、とか変な誇大妄想まで膨れ上がったりして。

母子でまったり過ごすほど幸せでは無いかもしれないけれど、あったかいところで食うに困らない生活する事だけは保障するから、かんべんな!



Ready to 猫


猫は人間と同じ生き物ですが、生態が大きく異なる為、専用の生活用品や環境が必要です。初心者のりまつが飼おうというのだからなおさら、ハード面を適切に整備する事は重要であると考えます。

うーん。なんかお役所の通知みたいな文章ですね。

要するに、使えるものはなんでも使って、快適猫生活を致しましょうってことですね。こちらにはビーストテイマーがついてるんですし。

彼女の指導の下、初めはケージ(猫小屋)で飼うのがよいとの事で、3階建ての大きなケージを用意しました。3匹もいるし、猫の運動量はすごいらしいから。
item.rakuten.co.jp
item.rakuten.co.jp

ケージは壁際に設置予定。ケージ越しに壁をガリガリする事は想像に難くありません。なので、ベニヤ板でガードしました。

あと、トイレ。猫の数+1がいいとの事ですが、とりあえず1つ購入。
item.rakuten.co.jp
これに加え、使い慣れているダンボール箱トイレも継続使用。後でさらに1つ追加しました。始めに買った物は、大きすぎて現在使っておりません。
トイレ関係では、猫砂も。紙ベースの素材にしました。さらににおい防止の為の「デオシート」。猫のトイレの砂の下に仕込んでおきます。


これでだいたいの受け入れ態勢ができたかな。ちなみに、のりまつに食事係をやらせてくれました。「ご飯をくれる人」と思われることは信頼関係を作るのに手っ取り早いみたい。さすが専門家、よく考えています。

今後、馴れてきたらケージを解放・縮小し、キャットタワーを購入します。そしてキャットタワーとケージを連結するキャットウォークを設置し、縦横無尽に遊べるように環境を作る予定。
はやく馴れないかな♪



それでは嵩屋天狗堂に配属になった、猫店員を紹介します。

f:id:norimaz:20181113004434j:plain
兄ちゃんキジトラ「たも」
一番人馴れしやすい子。おとなしくて動きも少ないけど、一番ナイーブかも。したたかで賢い感じと、ハスキーボイスは母親の「ホホ」譲り。

f:id:norimaz:20181112232430j:plain
弟君キジトラ「うも」
食欲は一番。兄ちゃんよりやんちゃで馴れにくいかも。しゅっと長い顔立ちが「ホホ」っぽい。「しゃーっ」はするけど引っ掻くような事はしません。

黒メスは、新しい飼い主さんに付けてもらいたいので名無しですが、便宜上呼び名をつけました。
「ねり」
f:id:norimaz:20181113004853j:plain
身のこなしの軽さは一番で好奇心も1番強いみたい。初めケージでぎゅっと3匹怯え固まっている中で、始めに動き出したのはこの子。でも臆病さも1番で、逃げ足が速い。この子にも「しゃーっ」とされましたが、やっぱり手は出さない子。


名前の由来は・・・まあどーでもいいですね(笑)




来てからようやく1週間。「しゃーっ」てされたり壁ガリやられたりでヘコむこともあったけど、ようやく顔を覚えてくれた・・・かな。



仕事は憂鬱で仕方ない今日この頃ですが、毎日帰るのが楽しみです。
f:id:norimaz:20181113005240j:plain

戦士の休息

タイヤ交換が、やっと少しだけ上達したような気がする嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。髷を結っていない里見浩太朗やら松平健に違和感を覚えますよね?今回はそんなお話しです。いや、ちょっと違うか。まあいいですよね、どーでもw



旭龍、髷を下ろす


「旭龍」とはうちの参号機KLX125の事ですが、ここしばらく武装状態でありました。モトクロスやエンデューロ参加のため、燈火類やフェンダーが外してあり、タイヤはモトクロス用。このため公道を走行できない状態だったのです。

f:id:norimaz:20171104133242j:plain
戦闘中、陣営にて
目的もなく遠くのコースに行くのもかったるく、かといってレースに楽しく参加する自信も無く(体力的に)、もちろんコンビニに行くアシ代わりにも使えず、休眠状態にありました。

しかしこのまま眠らせておくのは本意ではなく、通勤・ツーリングにも使いたい。手軽なチャリンコ代わりでもいい。
そんなわけで髷を一旦下ろして武装解除し、ストリートファイターとして再起動しました。



工事をしながらイラつく。


純正のウィンカーは、同じKのつく会社同様脆いので、ワレンズに換装してありましたが、どうやって着けてたか忘れた・・・その試行錯誤で結構な時間を食ってしまいました。そしてフェンダーとリアカウルの共締め作法がまどろっこしく、めんどくさくてムカつきました。

そしてタイヤ交換。相変わらず小径ホイールは固いけど、なんとか穴を空けずにできたっぽい!よしよし。しかしここからがイラつきどころ。
ホイールのカラーが左右に着いていて、しかもすぐ落ちる!チェーン咬ませて、キャリパーの間に入れ込んで・・・ってやってると、必ずどちらかのカラーが落ちる!鉄ッチンでクッソ重たいホイールを持ち上げながら一生懸命帳尻合わせてるのに、すぐ「カタン」と落ちる、あのカラー!貴様などいらーん!と言って夏の夜空にぶん投げてやりたい衝動を抑えながら、なんとかアクスルボルト貫通!おめでとう!
しかもチェーンアジャスターもまどろっこしいわりに合わせにくく分かりにくい、ゴミのような構造なんだ。同じカワサキでも、先輩のシェルパはあんなに分かりやすくて合わせやすいのに。



さりとて、無事工事終了


なんとか無事に終了。ピンクのゆるキャラ付きのナンバー付けて、エンジン始動!意外にもすんなりかかった!タケガワのマフラーの快音!キモチイイ!そのままコンビニへならし。
f:id:norimaz:20180714231356j:plain
盗まれやすいナンバーなので、蝶ネジに変更しましたけどめんどくさい。いくら人気のゆるキャラが付いているからって、他人のナンバー盗んで何の意味があるのだろう。

さて、これで公道仕様になったけど、戦士の血はこのまま眠るはずもなく、そのうち最武装し大銀杏を結うことでしょう。

690ENDUROに2年ぐらい乗ってみた感想文。

クリームチーズに魚の塩漬けで泥臭い泡盛にもベストマッチ、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。2016年の夏に嵩屋天狗堂2号機・690ENDURO「人麻呂」をお迎えしてから、もうすぐ2年になります。この間で感じた690ENDUROの性格について、好き嫌いでお話したいと思います。



690ENDUROの嫌いなこと。


*燃費走行
乗り始めてしばらくは、負荷の少なそうな回転域でアクセル一定で燃費走行を心がけていたのですが、見事に裏目に出ました。車のペースに合わせて街乗りするには、だいたい3000回転ぐらい回して巡航する感じですが、終始この状態で走っているとエンジン内にマヨネーズが溜まるようです。ヘッドのオーバーホールをしてもらった時に、まさにこの状態でした。
↓↓「人麻呂、マヨラー事件」
norimaz.hatenablog.com


*渋滞
もうファン回りっぱなし。停車時にエンジンストールもしやすくなる。始動性が悪くなる。挙句の果てには吹き返しでスロットルボディが外れる。
↓↓「人麻呂、ポン!事件」
norimaz.hatenablog.com


*人に合わせる
林道などでゆっくりペースの人の後を走っているとエンジンがギクシャクしてしまう上にサスペンションが動かず、まともに操ることができません。また、人のペースに合わせているとマヨネーズが溜まるのは先述のとおり。
↓↓「人麻呂、思春期疑惑」
norimaz.hatenablog.com



*新鮮じゃないオイル
2000キロぐらい走ったあたりからとシフトフィールが悪くなり、量も減り始めます。換えてやると途端に上機嫌になります。
あと、とある消息筋によれば暖気も良くないとか。オイルポンプがないので、アイドリングではヘッドまでオイルが回らないのだとか。やはりいくらか回してやらないといけないみたいです。



何が好きなのか。


上に挙げた、逆の事をすればよいのでしょう。

まずエンジンはきっちり回す。たとえば、5000回転ぐらいをキープして風を当ててやりながら高速道路を走った後なんかは機嫌よさそうです。
早めのシフトアップで燃費改善?ダメデース!街乗りでもぶん回すよう心がけ、楽しい道になったら4000回転以上キープして走る事。こうする事で仲良くなれると思います。なんか2stみたい。でも、コレやると別の職種のヒトと仲良くするハメになる可能性が・・・気をつけましょう。
4000回転以上回す事を意識し始めてから、音は気持ちいいしサスは良く動くし、ずいぶん楽しく走れるようになりました。

次にオイル交換。タイミングは人それぞれと思いますが、のりまつは2000~3000キロの間で行います。でも2000後半ではもう機嫌が悪い悪い。


次にオーバーホール。20000キロでバルブ調整にロッカアームの点検(古い機種のは破断しやすいので、対策品に交換したほうがいいかも)など。40000キロで腰下も全部。この場合、諭吉様が30名ほど必要なようです。

あとは燃料ポンプは壊れやすいらしいので要点検かと。原因としては、給油口が樹脂の為ホコリがタンクに入りやすいとか、マフラーの近くにあるためイカれやすいとか諸説あるようです。
のりまつはどちらの説も信じておりまして、マフラーの通り道に断熱貼ったり、給油口をアルミ製のに変えたりしています。
f:id:norimaz:20180608001002j:plain
ちなみにアクラポビッチのマフラーは、燃料ポンプから少し遠ざけるような配管になっています。
f:id:norimaz:20180608000516j:plain


結局、こういうところをこんな風に走るようにできているのでしょう。
f:id:norimaz:20180607211948j:plain
渋滞の都会なんて、690ENDUROにとっちゃ砂漠より過酷と言うところでしょうね。そんで、ガッツリ回してキッチリメンテする。そういう乗り方がいいんでしょうね。

f:id:norimaz:20180607220243j:plain
しかし楽しいバイクです。近くの林道走ったり、遠くの砂浜を目指したり、舗装のワインディングを走ったり、道なき道をアタックしたりレースに出たり(これはほかのヒト)。どれも完全に向いているわけではないので多少の苦労が伴いますが、そこがまた旨みの部分なのかも。メンテサイクルが日本車より短い事以外は。あとどれくらい乗れるかな。ホンダみたいに長持ちする車体だったらいいのに、それは性能とトレードオフなんでしょうね。それもまたバイクの醍醐味なのかもです。


今日はバーボン!次はいつ更新するやら。

SSTR2018、行ってきました!

月の光を頼りにおぼろげな道を行く、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。何事も淡い白光の中に径を探るようにつつましくやるのがいいのかな~なんてぼんやり思っている所ございます。
今回は淡い光の中、不安を抱きながら旅をしたけれど、結局は陽光に祝福されたと言うような話をします。



前日。


仕事は4分の3ドン。ホントはいつものように半ドンにして、さっさとスタート地点の下田まで行きたかったのに。午後から代官所のお布令を聴きに行くという外せない用事があり、足止めを余儀なくされました。

一度家に戻ってる時間はもったいないので、装備を大きなリュックにいれ、人麻呂君(690ED)で出勤。昼食後、代官所へ人麻呂君で出かけ、お布令を聴くこと1時間。代官所のトイレで旅の装備へ変身、仕事着はリュックに入れて、部下のねぇさんにお願いして事務所に持って帰ってもらいました。

こうして不思議そうな顔でねぇさんに見送られ、旅が始まったのでした。


今年からは一人旅ではありませんでして、一緒に住み着いてるびわみかんも同行なのです。スタート地点は一緒、コースはオフ車とオンロード車ゆえ途中で分かれ、ゴール近くでランデヴーといった予定。400キロを超える行程で、果たして上手くいきますやら。



今回の一番の心配事


のりまつには神が付いている・・・いや憑いていると、時々言われます。その神とはたぶんこんな感じ。
f:id:norimaz:20180530163017j:plain
シド・ヴィシャス
ファンの人ゴメンナサイ。パンクの神といいたいのです。ほんとに良くパンクします。釘を踏んだり、原因不明だったり。ダートばかりでなく舗装路でも・・・むしろ舗装路の方が多いかも。SSTRでパンクをやっちゃうと、修理で1時間弱取られてしまう。さらに悪いことに、今はいているタイヤはミシュラン ANAKEE WILD。アナーキーだなんて、やっぱりパンクなヤツなんですね。だいたい、縁起でもない名前ですよ、コレ。「あなあきー」だなんてね。
このタイヤの何が悪いって、固いんです、ビードが。コレまで固いと思っていた「T63」や「MT21」よりさらに固い。そうすると修理作業が難航するので、どのくらい時間とられるか解ったもんじゃない。実際に作業してみて余計に時間がかかっている経験をしているので、道中のパンクが恐ろしくて仕方がないのです。
f:id:norimaz:20180530163235p:plain
ラジアルだから固いのかな。

なのにわざわざオフロードを走るなんて、まともな判断力があるとは思えないですね、我ながら。

しかしですよ、オフロードを走るためのすべてが揃っているマシンに乗っていて、オフロードを走らない理由ってなんでしょう?海パンはいてるのに海に行かず、銀座をぶらつくようなものじゃないでしょうかね?そういうことです(?)

くだらないたとえ話はともかく、コレが心配すぎて動悸がしていたのでした。パターンと性能が気に入ってるタイヤだけど、次は考えよう。



SSTR2018


スタート地点は伊豆半島の南端、弓ヶ浜。実は一昨年も候補に挙げたのでしたが、秋の開催で制限時間が短く、諦めた経緯もあります。弓ヶ浜のある下田市で前泊するため、びわみかんと途中のPAで待ち合わせて、ひたすら高速で伊豆を目指し、20時ごろ到着。もう疲れちゃった。

下田の海の幸で、初めて1人じゃないSSTR前夜祭を楽しみましたよ。しかし夜は、蚊にジャマされて浅眠でしたが。蚊、滅びろ!




いつもは最初にして最大のクエスト「未明に起床」は、伴侶がいるので心配も半減。二人いればどちらかが起きる・・・ほとんどびわみかん任せでしたが。これうっかり寝過ごしたらイベントが台無しですからね!今年は順当に起きて、余裕を持って弓ヶ浜へ。

夜明け前の海辺、意外と車が通るのですね。これは城ヶ島御前崎もいわきも同様でした。おそらく釣り人。この人たちが異様なハイペースで、これについていけば取り締まりも大丈夫そうだし、気持ちよく早く着けるし、ありがたい存在。

弓ヶ浜に到着。しかし、ちょっと勾配のある止まれのあるT字路で、びわみかん立ちゴケ。これが厄払いとなるか、「幸先悪い」と取るか。

f:id:norimaz:20180531080851j:plain
とてもキレイな円弧を描く、その名のとおりの弓ヶ浜。これに陽が昇ればさぞかし美しいことでしょうが・・・どうも曇りみたい。こればっかりは仕方がない。時間が来たら出発しましょ。

初めての二人でのスタートでうわつきながら時間を待ち、やがて迎えた4:35。・・・予想通り日は出てこないけど、オイラの心のスイッチはONになったぜ!
f:id:norimaz:20180531081037j:plain
心のスイッチはONなんだけど、相変わらず始動性の悪い人麻呂君。キャブのKLX以下という・・・しかもイキッて出発したのに「進入禁止」に突き当たりいきなりUターン。大丈夫なのか、コレ。
f:id:norimaz:20180601195559p:plain
おいおい。

気を取り直していつものBGM「DREAMER SCREAMAER by LOUDNESS」で朝風を切ってスタート!海岸線ではSSTRライダーとすれ違い、朝からヤエーモード!

今回は下田発の参加者は多かったかも。だっていきなり指定道の駅「開国みなと」にいけるんですもの。これでもう一つは完走条件クリア。しかし事もあろうかびわみかん、システムに送るの忘れた!気づいたのが遅く、どこかでもう一回寄る羽目に。大丈夫なのか、コレ。

このあと順当に伊豆半島を縦断し高速で新富士、そこから北上するルート。富士宮すき屋で「まぜのっけご飯朝食」後、びわみかんとは別ルートへ行きます。これが意外と寂しいモノでして。

分かれた理由は、のりまつはちょっとした険道にいくから。ツーリングマップルによると、富士山の絶景が見られるらしいので、ぜひ行ってみたかった!
あと、びわみかんにライダーとして自立してもらいたいという意図もあったり(偉そう)。ここまでの行程でちょっとトラブってメンブレ気味だったので心配もありましたが、心を鬼にして。

険道は、湯之奥井之頭林道。一部舗装が荒れていたり砂が浮いていたりしますが、オンロードバイクでも何とかなるレベルかなと思いました。そして景色は話のとおり、絶景!
f:id:norimaz:20180531081221j:plain
富士山のすその長さを堪能できるスポットでした。ただ、その後のトンネル、照明一切なし!真っ暗!怖い!でも出口が見えるのでまだマシかも。こういう道でパンクするんですよね・・・


なんとか無事に降りて縦貫道から中央道に乗り、諏訪南インターで降りると、間もなく林道金沢線。下見してあるので全く迷う事無く、危ない箇所も予習済みで難なくクリア。
f:id:norimaz:20180601195335p:plain
続いてもう一本、「町道高峯線」。こちらは17キロあり、フラットだけどヌタヌタもあり、バイクがいい感じに汚れる林道です。ここを無事に通れれば「泥ハネで汚れたゼッケンを引っさげて千里浜へ凱旋する」という目標が達成します。

長いダートの時々止まり、荷物や「何やら」が脱落していないかとかパンクしてないかなどをチェック。そしてヌタヌタに遭遇。
f:id:norimaz:20180601195411p:plain
ここで下見の時ベテランOさんがコケているので慎重に・・・なんとか無事クリア。そして舗装路へ降りると何度目かの車体チェック。すべて無事を確認、胸をなでおろしました。この時点で心配事は3分の1ぐらいになり、大分軽くなりました。


快適な山間の高規格な舗装路をのんびり走ります。もう、飛ばす気が全然起きない。軽トラのようなペースでのんびり。気持ちいいモンです。
やがて木曽路に入って中山道を断片的に辿り、こんなところに出ました。中山道36宿「宮ノ越」と37宿「福島」の間にある、中山道の中間地点です。
f:id:norimaz:20180531110512j:plain
f:id:norimaz:20180601133713p:plain
ここから日本橋に行くのも三条大橋に行くのも同じ距離と言うわけです。もちろん当時の道を辿って、と言うことですが。

そんなこんなで曲がるところをうっかり通り過ぎちゃって引き返し、国道361号に入りました。チラ見えする御嶽山がなんとも雄大
f:id:norimaz:20180531110739j:plain

雲に虹が?!
f:id:norimaz:20180601195523p:plain

開田高原に入り、有名なソバを食しました。
f:id:norimaz:20180531110625j:plain
「霧しな」
www.kirishina.co.jp

基準の量も知らずに大盛りを注文したら、蒸籠が二つ出てきました。食べ応えがありましたが、香り良くおいしいのでペロッとやっつけちゃいました。
この斜向かいのアイス屋さんに、ハスクの貴公子はやとぅ (id:hayatOoooo)さんが寄ったとか寄らないとか・・・彼とは奇しくもルートが酷似してたりしましたよ。
f:id:norimaz:20180531170048p:plain


事前に聞きかじっていましたが、361号線は変化に富んで爽やかで、景色も良くて楽しい道でした。時にのんびり、時に攻めてみたり、時に止まって撮影してみたり。知らない土地でまったりツーリングを楽しんでいると、これまたSSTRの醍醐味の一つと気づかされます。「旅してんなぁ~!」って満足感。

361号を走り終えて、時間に余裕がある事がわかりました。ここは高山市内を過ぎて北上し、東から白川郷を目指そうと思いました。

しかしその時!いつものアイツが湧いて出てきました。それは・・・

f:id:norimaz:20180531110958j:plain
睡魔!
まっすぐ走っていると視覚では認知しているのに、その感覚の奥の奥の方で「あまいいき」やら「ふしぎなおどり」のような類の間接攻撃で神経をまどろませトリップさせる危険なヤツ!

でも毎度出てくるので対策はバッチリ。すなわち、

寝る!

適当な安全地帯にバイクを止め、寄りかかれるところを探し、なりふり構わず睡眠に神経を集中する・・・バイクが通り過ぎる音がいくつか聞こえた後、意識は遠くへ。

何台目かは解らないけど、やはりバイクの音で目が覚めます。15分ぐらい経っていますが、睡魔のヤツは消え失せました。これぞ必殺「猫眠り」!
f:id:norimaz:20180531111107j:plain
猫は短時間に集中して眠るんだとか。

しかし睡魔は去っても日差しが傾き始め、なんだか面倒になってきた気分。これから細いワインディングを通るのかったるいし、そこで釘でも踏んだら目も当てられない。もっと早く、抜けられないのかなーというのでグーグルマップに相談。清見インターに行く良い道が!よしよし。

無事に中部縦貫道にたどり着き、しつこいほど道の駅やPAに寄ってポイントを稼ぎました。そして目指すは千里浜・・・ではなく、「サンセットパーク内灘」!

そう、今回は同行者がいます。朝霧高原あたりで別れたびわみかんと、ここで待ち合わせ。ややこしい金沢森本インターを上手く抜けて、かほく潟湖畔の気持ちいい道をゆったり流します。
f:id:norimaz:20180601200354p:plain
かほく潟湖畔。遠くにサンセットパークが見えます。

そして傾き始めた陽を愛でながら内灘に到着。無事に再会できました。これはちょっとワクワク体験でしたよ。
f:id:norimaz:20180601200145p:plain矢印のトコにびわみかん。

f:id:norimaz:20180531165201j:plain


びわみかんは氷見の指定道の駅に寄り、完走条件を満たすことができていました。あとはひたすら、千里浜を目指すのみ!この傾き加減であれば、いい写真が撮ってもらえるでしょう!

そう、SSTRではプロが写真を撮ってくれます。早すぎて陽が高いと雰囲気でないし、もちろん日が沈んだ後ではゴールできない。最高のタイミングになるべく、ペースを作ってきたつもりでした。

のと里山海道から眺める日本海、今年も黄金のミルク色に輝いています。「今浜IC」で降りて、止まれを左折を2回、突き当りを右折すると・・・

f:id:norimaz:20180601200050p:plain
渋滞!

千里浜の入り口付近で固まった人たちや、砂浜に入るのに躊躇している人たちで渋滞していました。

しかし千里浜は今年も見事に横たわっています。ここでシステムに送信すればゴール!今年も無事に完走できました!しかも伴侶とともに(照

入り口から少し離れたところで撮影タイム。びわみかんと車体を並べて夕日をバックに。いい陽かげんです。感無量です。
f:id:norimaz:20180531165402j:plain
そうこうしているうちに、いつのまにかバイクの列が形成されていました。これに並ぶのかー・・・
人麻呂君は渋滞が嫌い。オーバーヒートしちゃいそうになるのです。どうせ少しずつしか進まないし、バイクを降りてエンジンかけずに、渋滞に並び押して歩きました。この先6キロぐらい?こんな感じ???日の入りどころか日付変わる前に着くんかいなー

と思ったら、プロの撮影の為の渋滞だった模様。それが過ぎたらまた快走モードに。
f:id:norimaz:20180601200250p:plain

ゴール付近でまたひと渋滞後、ゴールゲートをくぐりました。
f:id:norimaz:20180601111351j:plain
はてなの面々や趣味人の面々はとっくにゴールして我々待ち状態。はやとぅさんと趣味人のおっちゃんおばちゃん達は面識がないけど、なんとか合流してもらい先に宿に行ってもらうよう段取りしてみましたが、待っててくれるとの事。もうしわけない!

バイクを置いて、皆の待っているところにいくとはやとぅさんも無事に合流できていました。それにもう1人すらっとした好男子が・・・?
なんとMOSさん (id:Rustyman) !はやとぅさんと一緒に待っていてくれたんですと?!これは嬉しい!はやとぅさん以外とは会えないと諦めていたのに。ゴール後の楽しみ「神子原米のおにぎり」が心残りだけど、これは嬉しいサプライズでした!
f:id:norimaz:20180601111454j:plain


リザルト
f:id:norimaz:20180601111539j:plain

受付後、比較的近くに取ってもらった宿へGo!調子に乗って地酒呑み比べセットなどを頼んで少し呑みすぎ、温泉入って布団へ。もう落ちた記憶がありません。



翌朝、8:30から完走賞の授与が始まるらしく、なんとなくそこに合わせて行動開始するつもりでした。いつもどおりWっきーさんの独り言で目が覚めるのかと思っていたのですが、ドアからボテッとした何かが飛び込んできて、その声で目が覚めました。その正体はびわみかん。すでに完全体になっていました(化粧済み)。


このあとは皆で千里浜へ。
f:id:norimaz:20180601111954j:plain

撮影して、はやとぅさんはそのまま帰路へ。
f:id:norimaz:20180601195944p:plain
まったね~☆

趣味人のOJISN/BBA達は完走賞をもらいに。その中でもセロー軍団は能登めぐりに出発、のりまつとびわみかんはじゃんけん大会前半に参加し、記念のTシャツを買った後会場を後にしました。Eのさんは最後までいたのかな。

いつもどおり気多大社へお参り、氷見でランチして越中一ノ宮気多神社御朱印を授かったあと、オイルが激減りしていた人麻呂君のためにレッドバロン高岡店で給油、高速ぶっ飛ばして帰路に就きました。



まとめ


SSTRなんて、たかだかルールつきのツーリング。普通に走っていればまず間に合わないことなんてありません。ツーリングにするのか冒険にするのかは参加者次第。
私の場合は冒険にしないと気が済まなくて、それが楽しい。そしてゴールには一日見守ってくれた太陽が神々しい姿で降りてきて祝福してくれ、仲間たちと無事の再会を喜び合うのです。
宿取りから申し込み、ルート選定にモノの準備、当日起こる色んな事。楽しんだ心の量が、各々のプライズとなります。この、世にも大げさな自己満足に1万円を投じるのが、高いと思うかどうかは貴方次第ってことで!(安いとは思いませんw)

最後に

SSTRのゴールは石川県羽咋市にある「千里浜なぎさドライブウェイ」にありますが、この千里浜、ここ20年ほどの間で約半分の幅になっているとか。これを少しでも解消しようと、「1人1砂運動」と言うのを行っているようで、SSTRセレモニーでも吹き上げられた砂を海岸へ返すというイベントを行っています。
これらの運動を、地元の若い人たちが団体を作って行っているようで、セレモニーの舞台の奥でテントを構えていました。ここで彼らの話を聴き、資金の足しになればよいと思いタオルを購入しました。
3000台もの二輪車を受け入れてくれ、熱っぽい挨拶をしてくれた市長さんや、親切な地域の皆さんへの恩返しにでもなればと思っています。そりゃ多少のお金も落としていくし、それも地域の為にもなってはいると思いますが、もう少しエモーショナルな感謝を伝えたいような思いもあったりしまして。


f:id:norimaz:20180601201454j:plain
汚れたゼッケンは性能の証。690ENDUROの走る道は、わざわざ舗装などしていただかなくて結構!こんな遠くへだって来られちゃうし!

でも帰ってからしっかり洗いましたけどね。海辺を走ったから。



さて、来年はどんな冒険をしようかな。