嵩屋天狗堂~はてな支店~

オフロードバイクアリマス。

戦士の休息

タイヤ交換が、やっと少しだけ上達したような気がする嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。髷を結っていない里見浩太朗やら松平健に違和感を覚えますよね?今回はそんなお話しです。いや、ちょっと違うか。まあいいですよね、どーでもw



旭龍、髷を下ろす


「旭龍」とはうちの参号機KLX125の事ですが、ここしばらく武装状態でありました。モトクロスやエンデューロ参加のため、燈火類やフェンダーが外してあり、タイヤはモトクロス用。このため公道を走行できない状態だったのです。

f:id:norimaz:20171104133242j:plain
戦闘中、陣営にて
目的もなく遠くのコースに行くのもかったるく、かといってレースに楽しく参加する自信も無く(体力的に)、もちろんコンビニに行くアシ代わりにも使えず、休眠状態にありました。

しかしこのまま眠らせておくのは本意ではなく、通勤・ツーリングにも使いたい。手軽なチャリンコ代わりでもいい。
そんなわけで髷を一旦下ろして武装解除し、ストリートファイターとして再起動しました。



工事をしながらイラつく。


純正のウィンカーは、同じKのつく会社同様脆いので、ワレンズに換装してありましたが、どうやって着けてたか忘れた・・・その試行錯誤で結構な時間を食ってしまいました。そしてフェンダーとリアカウルの共締め作法がまどろっこしく、めんどくさくてムカつきました。

そしてタイヤ交換。相変わらず小径ホイールは固いけど、なんとか穴を空けずにできたっぽい!よしよし。しかしここからがイラつきどころ。
ホイールのカラーが左右に着いていて、しかもすぐ落ちる!チェーン咬ませて、キャリパーの間に入れ込んで・・・ってやってると、必ずどちらかのカラーが落ちる!鉄ッチンでクッソ重たいホイールを持ち上げながら一生懸命帳尻合わせてるのに、すぐ「カタン」と落ちる、あのカラー!貴様などいらーん!と言って夏の夜空にぶん投げてやりたい衝動を抑えながら、なんとかアクスルボルト貫通!おめでとう!
しかもチェーンアジャスターもまどろっこしいわりに合わせにくく分かりにくい、ゴミのような構造なんだ。同じカワサキでも、先輩のシェルパはあんなに分かりやすくて合わせやすいのに。



さりとて、無事工事終了


なんとか無事に終了。ピンクのゆるキャラ付きのナンバー付けて、エンジン始動!意外にもすんなりかかった!タケガワのマフラーの快音!キモチイイ!そのままコンビニへならし。
f:id:norimaz:20180714231356j:plain
盗まれやすいナンバーなので、蝶ネジに変更しましたけどめんどくさい。いくら人気のゆるキャラが付いているからって、他人のナンバー盗んで何の意味があるのだろう。

さて、これで公道仕様になったけど、戦士の血はこのまま眠るはずもなく、そのうち最武装し大銀杏を結うことでしょう。

690ENDUROに2年ぐらい乗ってみた感想文。

クリームチーズに魚の塩漬けで泥臭い泡盛にもベストマッチ、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。2016年の夏に嵩屋天狗堂2号機・690ENDURO「人麻呂」をお迎えしてから、もうすぐ2年になります。この間で感じた690ENDUROの性格について、好き嫌いでお話したいと思います。



690ENDUROの嫌いなこと。


*燃費走行
乗り始めてしばらくは、負荷の少なそうな回転域でアクセル一定で燃費走行を心がけていたのですが、見事に裏目に出ました。車のペースに合わせて街乗りするには、だいたい3000回転ぐらい回して巡航する感じですが、終始この状態で走っているとエンジン内にマヨネーズが溜まるようです。ヘッドのオーバーホールをしてもらった時に、まさにこの状態でした。
↓↓「人麻呂、マヨラー事件」
norimaz.hatenablog.com


*渋滞
もうファン回りっぱなし。停車時にエンジンストールもしやすくなる。始動性が悪くなる。挙句の果てには吹き返しでスロットルボディが外れる。
↓↓「人麻呂、ポン!事件」
norimaz.hatenablog.com


*人に合わせる
林道などでゆっくりペースの人の後を走っているとエンジンがギクシャクしてしまう上にサスペンションが動かず、まともに操ることができません。また、人のペースに合わせているとマヨネーズが溜まるのは先述のとおり。
↓↓「人麻呂、思春期疑惑」
norimaz.hatenablog.com



*新鮮じゃないオイル
2000キロぐらい走ったあたりからとシフトフィールが悪くなり、量も減り始めます。換えてやると途端に上機嫌になります。
あと、とある消息筋によれば暖気も良くないとか。オイルポンプがないので、アイドリングではヘッドまでオイルが回らないのだとか。やはりいくらか回してやらないといけないみたいです。



何が好きなのか。


上に挙げた、逆の事をすればよいのでしょう。

まずエンジンはきっちり回す。たとえば、5000回転ぐらいをキープして風を当ててやりながら高速道路を走った後なんかは機嫌よさそうです。
早めのシフトアップで燃費改善?ダメデース!街乗りでもぶん回すよう心がけ、楽しい道になったら4000回転以上キープして走る事。こうする事で仲良くなれると思います。なんか2stみたい。でも、コレやると別の職種のヒトと仲良くするハメになる可能性が・・・気をつけましょう。
4000回転以上回す事を意識し始めてから、音は気持ちいいしサスは良く動くし、ずいぶん楽しく走れるようになりました。

次にオイル交換。タイミングは人それぞれと思いますが、のりまつは2000~3000キロの間で行います。でも2000後半ではもう機嫌が悪い悪い。

MOTOREX(モトレックス) 4サイクルオイル CROSS POWER 10W60 4リットル79544 [HTRC3]

MOTOREX(モトレックス) 4サイクルオイル CROSS POWER 10W60 4リットル79544 [HTRC3]


次にオーバーホール。20000キロでバルブ調整にロッカアームの点検(古い機種のは破断しやすいので、対策品に交換したほうがいいかも)など。40000キロで腰下も全部。この場合、諭吉様が30名ほど必要なようです。

あとは燃料ポンプは壊れやすいらしいので要点検かと。原因としては、給油口が樹脂の為ホコリがタンクに入りやすいとか、マフラーの近くにあるためイカれやすいとか諸説あるようです。
のりまつはどちらの説も信じておりまして、マフラーの通り道に断熱貼ったり、給油口をアルミ製のに変えたりしています。
f:id:norimaz:20180608001002j:plain
ちなみにアクラポビッチのマフラーは、燃料ポンプから少し遠ざけるような配管になっています。
f:id:norimaz:20180608000516j:plain


結局、こういうところをこんな風に走るようにできているのでしょう。
f:id:norimaz:20180607211948j:plain
渋滞の都会なんて、690ENDUROにとっちゃ砂漠より過酷と言うところでしょうね。そんで、ガッツリ回してキッチリメンテする。そういう乗り方がいいんでしょうね。

f:id:norimaz:20180607220243j:plain
しかし楽しいバイクです。近くの林道走ったり、遠くの砂浜を目指したり、舗装のワインディングを走ったり、道なき道をアタックしたりレースに出たり(これはほかのヒト)。どれも完全に向いているわけではないので多少の苦労が伴いますが、そこがまた旨みの部分なのかも。メンテサイクルが日本車より短い事以外は。あとどれくらい乗れるかな。ホンダみたいに長持ちする車体だったらいいのに、それは性能とトレードオフなんでしょうね。それもまたバイクの醍醐味なのかもです。


今日はバーボン!次はいつ更新するやら。

SSTR2018、行ってきました!

月の光を頼りにおぼろげな道を行く、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。何事も淡い白光の中に径を探るようにつつましくやるのがいいのかな~なんてぼんやり思っている所ございます。
今回は淡い光の中、不安を抱きながら旅をしたけれど、結局は陽光に祝福されたと言うような話をします。



前日。


仕事は4分の3ドン。ホントはいつものように半ドンにして、さっさとスタート地点の下田まで行きたかったのに。午後から代官所のお布令を聴きに行くという外せない用事があり、足止めを余儀なくされました。

一度家に戻ってる時間はもったいないので、装備を大きなリュックにいれ、人麻呂君(690ED)で出勤。昼食後、代官所へ人麻呂君で出かけ、お布令を聴くこと1時間。代官所のトイレで旅の装備へ変身、仕事着はリュックに入れて、部下のねぇさんにお願いして事務所に持って帰ってもらいました。

こうして不思議そうな顔でねぇさんに見送られ、旅が始まったのでした。


今年からは一人旅ではありませんでして、一緒に住み着いてるびわみかんも同行なのです。スタート地点は一緒、コースはオフ車とオンロード車ゆえ途中で分かれ、ゴール近くでランデヴーといった予定。400キロを超える行程で、果たして上手くいきますやら。



今回の一番の心配事


のりまつには神が付いている・・・いや憑いていると、時々言われます。その神とはたぶんこんな感じ。
f:id:norimaz:20180530163017j:plain
シド・ヴィシャス
ファンの人ゴメンナサイ。パンクの神といいたいのです。ほんとに良くパンクします。釘を踏んだり、原因不明だったり。ダートばかりでなく舗装路でも・・・むしろ舗装路の方が多いかも。SSTRでパンクをやっちゃうと、修理で1時間弱取られてしまう。さらに悪いことに、今はいているタイヤは

ミシュラン ANAKEE WILD。アナーキーだなんて、やっぱりパンクなヤツなんですね。だいたい、縁起でもない名前ですよ、コレ。「あなあきー」だなんてね。
このタイヤの何が悪いって、固いんです、ビードが。コレまで固いと思っていた「T63」や「MT21」よりさらに固い。そうすると修理作業が難航するので、どのくらい時間とられるか解ったもんじゃない。実際に作業してみて余計に時間がかかっている経験をしているので、道中のパンクが恐ろしくて仕方がないのです。
f:id:norimaz:20180530163235p:plain
ラジアルだから固いのかな。

なのにわざわざオフロードを走るなんて、まともな判断力があるとは思えないですね、我ながら。

しかしですよ、オフロードを走るためのすべてが揃っているマシンに乗っていて、オフロードを走らない理由ってなんでしょう?海パンはいてるのに海に行かず、銀座をぶらつくようなものじゃないでしょうかね?そういうことです(?)

くだらないたとえ話はともかく、コレが心配すぎて動悸がしていたのでした。パターンと性能が気に入ってるタイヤだけど、次は考えよう。



SSTR2018


スタート地点は伊豆半島の南端、弓ヶ浜。実は一昨年も候補に挙げたのでしたが、秋の開催で制限時間が短く、諦めた経緯もあります。弓ヶ浜のある下田市で前泊するため、びわみかんと途中のPAで待ち合わせて、ひたすら高速で伊豆を目指し、20時ごろ到着。もう疲れちゃった。

下田の海の幸で、初めて1人じゃないSSTR前夜祭を楽しみましたよ。しかし夜は、蚊にジャマされて浅眠でしたが。蚊、滅びろ!




いつもは最初にして最大のクエスト「未明に起床」は、伴侶がいるので心配も半減。二人いればどちらかが起きる・・・ほとんどびわみかん任せでしたが。これうっかり寝過ごしたらイベントが台無しですからね!今年は順当に起きて、余裕を持って弓ヶ浜へ。

夜明け前の海辺、意外と車が通るのですね。これは城ヶ島御前崎もいわきも同様でした。おそらく釣り人。この人たちが異様なハイペースで、これについていけば取り締まりも大丈夫そうだし、気持ちよく早く着けるし、ありがたい存在。

弓ヶ浜に到着。しかし、ちょっと勾配のある止まれのあるT字路で、びわみかん立ちゴケ。これが厄払いとなるか、「幸先悪い」と取るか。

f:id:norimaz:20180531080851j:plain
とてもキレイな円弧を描く、その名のとおりの弓ヶ浜。これに陽が昇ればさぞかし美しいことでしょうが・・・どうも曇りみたい。こればっかりは仕方がない。時間が来たら出発しましょ。

初めての二人でのスタートでうわつきながら時間を待ち、やがて迎えた4:35。・・・予想通り日は出てこないけど、オイラの心のスイッチはONになったぜ!
f:id:norimaz:20180531081037j:plain
心のスイッチはONなんだけど、相変わらず始動性の悪い人麻呂君。キャブのKLX以下という・・・しかもイキッて出発したのに「進入禁止」に突き当たりいきなりUターン。大丈夫なのか、コレ。
f:id:norimaz:20180601195559p:plain
おいおい。

気を取り直していつものBGM「DREAMER SCREAMAER by LOUDNESS」で朝風を切ってスタート!海岸線ではSSTRライダーとすれ違い、朝からヤエーモード!

今回は下田発の参加者は多かったかも。だっていきなり指定道の駅「開国みなと」にいけるんですもの。これでもう一つは完走条件クリア。しかし事もあろうかびわみかん、システムに送るの忘れた!気づいたのが遅く、どこかでもう一回寄る羽目に。大丈夫なのか、コレ。

このあと順当に伊豆半島を縦断し高速で新富士、そこから北上するルート。富士宮すき屋で「まぜのっけご飯朝食」後、びわみかんとは別ルートへ行きます。これが意外と寂しいモノでして。

分かれた理由は、のりまつはちょっとした険道にいくから。ツーリングマップルによると、富士山の絶景が見られるらしいので、ぜひ行ってみたかった!
あと、びわみかんにライダーとして自立してもらいたいという意図もあったり(偉そう)。ここまでの行程でちょっとトラブってメンブレ気味だったので心配もありましたが、心を鬼にして。

険道は、湯之奥井之頭林道。一部舗装が荒れていたり砂が浮いていたりしますが、オンロードバイクでも何とかなるレベルかなと思いました。そして景色は話のとおり、絶景!
f:id:norimaz:20180531081221j:plain
富士山のすその長さを堪能できるスポットでした。ただ、その後のトンネル、照明一切なし!真っ暗!怖い!でも出口が見えるのでまだマシかも。こういう道でパンクするんですよね・・・


なんとか無事に降りて縦貫道から中央道に乗り、諏訪南インターで降りると、間もなく林道金沢線。下見してあるので全く迷う事無く、危ない箇所も予習済みで難なくクリア。
f:id:norimaz:20180601195335p:plain
続いてもう一本、「町道高峯線」。こちらは17キロあり、フラットだけどヌタヌタもあり、バイクがいい感じに汚れる林道です。ここを無事に通れれば「泥ハネで汚れたゼッケンを引っさげて千里浜へ凱旋する」という目標が達成します。

長いダートの時々止まり、荷物や「何やら」が脱落していないかとかパンクしてないかなどをチェック。そしてヌタヌタに遭遇。
f:id:norimaz:20180601195411p:plain
ここで下見の時ベテランOさんがコケているので慎重に・・・なんとか無事クリア。そして舗装路へ降りると何度目かの車体チェック。すべて無事を確認、胸をなでおろしました。この時点で心配事は3分の1ぐらいになり、大分軽くなりました。


快適な山間の高規格な舗装路をのんびり走ります。もう、飛ばす気が全然起きない。軽トラのようなペースでのんびり。気持ちいいモンです。
やがて木曽路に入って中山道を断片的に辿り、こんなところに出ました。中山道36宿「宮ノ越」と37宿「福島」の間にある、中山道の中間地点です。
f:id:norimaz:20180531110512j:plain
f:id:norimaz:20180601133713p:plain
ここから日本橋に行くのも三条大橋に行くのも同じ距離と言うわけです。もちろん当時の道を辿って、と言うことですが。

そんなこんなで曲がるところをうっかり通り過ぎちゃって引き返し、国道361号に入りました。チラ見えする御嶽山がなんとも雄大
f:id:norimaz:20180531110739j:plain

雲に虹が?!
f:id:norimaz:20180601195523p:plain

開田高原に入り、有名なソバを食しました。
f:id:norimaz:20180531110625j:plain
「霧しな」
www.kirishina.co.jp

基準の量も知らずに大盛りを注文したら、蒸籠が二つ出てきました。食べ応えがありましたが、香り良くおいしいのでペロッとやっつけちゃいました。
この斜向かいのアイス屋さんに、ハスクの貴公子はやとぅ (id:hayatOoooo)さんが寄ったとか寄らないとか・・・彼とは奇しくもルートが酷似してたりしましたよ。
f:id:norimaz:20180531170048p:plain


事前に聞きかじっていましたが、361号線は変化に富んで爽やかで、景色も良くて楽しい道でした。時にのんびり、時に攻めてみたり、時に止まって撮影してみたり。知らない土地でまったりツーリングを楽しんでいると、これまたSSTRの醍醐味の一つと気づかされます。「旅してんなぁ~!」って満足感。

361号を走り終えて、時間に余裕がある事がわかりました。ここは高山市内を過ぎて北上し、東から白川郷を目指そうと思いました。

しかしその時!いつものアイツが湧いて出てきました。それは・・・

f:id:norimaz:20180531110958j:plain
睡魔!
まっすぐ走っていると視覚では認知しているのに、その感覚の奥の奥の方で「あまいいき」やら「ふしぎなおどり」のような類の間接攻撃で神経をまどろませトリップさせる危険なヤツ!

でも毎度出てくるので対策はバッチリ。すなわち、

寝る!

適当な安全地帯にバイクを止め、寄りかかれるところを探し、なりふり構わず睡眠に神経を集中する・・・バイクが通り過ぎる音がいくつか聞こえた後、意識は遠くへ。

何台目かは解らないけど、やはりバイクの音で目が覚めます。15分ぐらい経っていますが、睡魔のヤツは消え失せました。これぞ必殺「猫眠り」!
f:id:norimaz:20180531111107j:plain
猫は短時間に集中して眠るんだとか。

しかし睡魔は去っても日差しが傾き始め、なんだか面倒になってきた気分。これから細いワインディングを通るのかったるいし、そこで釘でも踏んだら目も当てられない。もっと早く、抜けられないのかなーというのでグーグルマップに相談。清見インターに行く良い道が!よしよし。

無事に中部縦貫道にたどり着き、しつこいほど道の駅やPAに寄ってポイントを稼ぎました。そして目指すは千里浜・・・ではなく、「サンセットパーク内灘」!

そう、今回は同行者がいます。朝霧高原あたりで別れたびわみかんと、ここで待ち合わせ。ややこしい金沢森本インターを上手く抜けて、かほく潟湖畔の気持ちいい道をゆったり流します。
f:id:norimaz:20180601200354p:plain
かほく潟湖畔。遠くにサンセットパークが見えます。

そして傾き始めた陽を愛でながら内灘に到着。無事に再会できました。これはちょっとワクワク体験でしたよ。
f:id:norimaz:20180601200145p:plain矢印のトコにびわみかん。

f:id:norimaz:20180531165201j:plain


びわみかんは氷見の指定道の駅に寄り、完走条件を満たすことができていました。あとはひたすら、千里浜を目指すのみ!この傾き加減であれば、いい写真が撮ってもらえるでしょう!

そう、SSTRではプロが写真を撮ってくれます。早すぎて陽が高いと雰囲気でないし、もちろん日が沈んだ後ではゴールできない。最高のタイミングになるべく、ペースを作ってきたつもりでした。

のと里山海道から眺める日本海、今年も黄金のミルク色に輝いています。「今浜IC」で降りて、止まれを左折を2回、突き当りを右折すると・・・

f:id:norimaz:20180601200050p:plain
渋滞!

千里浜の入り口付近で固まった人たちや、砂浜に入るのに躊躇している人たちで渋滞していました。

しかし千里浜は今年も見事に横たわっています。ここでシステムに送信すればゴール!今年も無事に完走できました!しかも伴侶とともに(照

入り口から少し離れたところで撮影タイム。びわみかんと車体を並べて夕日をバックに。いい陽かげんです。感無量です。
f:id:norimaz:20180531165402j:plain
そうこうしているうちに、いつのまにかバイクの列が形成されていました。これに並ぶのかー・・・
人麻呂君は渋滞が嫌い。オーバーヒートしちゃいそうになるのです。どうせ少しずつしか進まないし、バイクを降りてエンジンかけずに、渋滞に並び押して歩きました。この先6キロぐらい?こんな感じ???日の入りどころか日付変わる前に着くんかいなー

と思ったら、プロの撮影の為の渋滞だった模様。それが過ぎたらまた快走モードに。
f:id:norimaz:20180601200250p:plain

ゴール付近でまたひと渋滞後、ゴールゲートをくぐりました。
f:id:norimaz:20180601111351j:plain
はてなの面々や趣味人の面々はとっくにゴールして我々待ち状態。はやとぅさんと趣味人のおっちゃんおばちゃん達は面識がないけど、なんとか合流してもらい先に宿に行ってもらうよう段取りしてみましたが、待っててくれるとの事。もうしわけない!

バイクを置いて、皆の待っているところにいくとはやとぅさんも無事に合流できていました。それにもう1人すらっとした好男子が・・・?
なんとMOSさん (id:Rustyman) !はやとぅさんと一緒に待っていてくれたんですと?!これは嬉しい!はやとぅさん以外とは会えないと諦めていたのに。ゴール後の楽しみ「神子原米のおにぎり」が心残りだけど、これは嬉しいサプライズでした!
f:id:norimaz:20180601111454j:plain


リザルト
f:id:norimaz:20180601111539j:plain

受付後、比較的近くに取ってもらった宿へGo!調子に乗って地酒呑み比べセットなどを頼んで少し呑みすぎ、温泉入って布団へ。もう落ちた記憶がありません。



翌朝、8:30から完走賞の授与が始まるらしく、なんとなくそこに合わせて行動開始するつもりでした。いつもどおりWっきーさんの独り言で目が覚めるのかと思っていたのですが、ドアからボテッとした何かが飛び込んできて、その声で目が覚めました。その正体はびわみかん。すでに完全体になっていました(化粧済み)。


このあとは皆で千里浜へ。
f:id:norimaz:20180601111954j:plain

撮影して、はやとぅさんはそのまま帰路へ。
f:id:norimaz:20180601195944p:plain
まったね~☆

趣味人のOJISN/BBA達は完走賞をもらいに。その中でもセロー軍団は能登めぐりに出発、のりまつとびわみかんはじゃんけん大会前半に参加し、記念のTシャツを買った後会場を後にしました。Eのさんは最後までいたのかな。

いつもどおり気多大社へお参り、氷見でランチして越中一ノ宮気多神社御朱印を授かったあと、オイルが激減りしていた人麻呂君のためにレッドバロン高岡店で給油、高速ぶっ飛ばして帰路に就きました。



まとめ


SSTRなんて、たかだかルールつきのツーリング。普通に走っていればまず間に合わないことなんてありません。ツーリングにするのか冒険にするのかは参加者次第。
私の場合は冒険にしないと気が済まなくて、それが楽しい。そしてゴールには一日見守ってくれた太陽が神々しい姿で降りてきて祝福してくれ、仲間たちと無事の再会を喜び合うのです。
宿取りから申し込み、ルート選定にモノの準備、当日起こる色んな事。楽しんだ心の量が、各々のプライズとなります。この、世にも大げさな自己満足に1万円を投じるのが、高いと思うかどうかは貴方次第ってことで!(安いとは思いませんw)

最後に

SSTRのゴールは石川県羽咋市にある「千里浜なぎさドライブウェイ」にありますが、この千里浜、ここ20年ほどの間で約半分の幅になっているとか。これを少しでも解消しようと、「1人1砂運動」と言うのを行っているようで、SSTRセレモニーでも吹き上げられた砂を海岸へ返すというイベントを行っています。
これらの運動を、地元の若い人たちが団体を作って行っているようで、セレモニーの舞台の奥でテントを構えていました。ここで彼らの話を聴き、資金の足しになればよいと思いタオルを購入しました。
3000台もの二輪車を受け入れてくれ、熱っぽい挨拶をしてくれた市長さんや、親切な地域の皆さんへの恩返しにでもなればと思っています。そりゃ多少のお金も落としていくし、それも地域の為にもなってはいると思いますが、もう少しエモーショナルな感謝を伝えたいような思いもあったりしまして。


f:id:norimaz:20180601201454j:plain
汚れたゼッケンは性能の証。690ENDUROの走る道は、わざわざ舗装などしていただかなくて結構!こんな遠くへだって来られちゃうし!

でも帰ってからしっかり洗いましたけどね。海辺を走ったから。



さて、来年はどんな冒険をしようかな。

SSTR2018、行きまっす!

飛んで火に入る夏の虫、咲いて陽に向く夏の花、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。今年の夏も近づき八十八夜も過ぎた今日この頃、日を追うイベントもまた近づいております。もちろん今年も参加しますので、そんな宣言めいたお話をいたします。


SSTR2018


もうとっくに準備記事などは書いてあったのに、そのデータがどこへやら。せっかく今年ははてなの仲間のともだち○こも大勢参加するというのに、なんて骨体ですよ。でもめげずに書きます。参加表明の為です。

趣味人倶楽部の仲間も無事にエントリー、わが妻も無事にエントリー。今年は一緒にゴールするため、道の駅内灘で待ち合わせするというリア充爆発プラン!

今年はこれだけではなく、こなた「はてなブログ」からもたくさんのエントリーがある模様!

初回は1人参加してMぴーねぇさんに声かけてもらっただけでしたが、年々仲間が増えてゴールの喜び倍増計画ですよ!

こーゆーのって、ぼっちバイカーさんも言ってたけどネットの力なのかもですね!3000台以上集まる中、何人と会えますかなー♪



ルート


ルートはスタート地点でほぼ決まっちゃいます。今年ののりまつのスタート地点はココ。
f:id:norimaz:20180523133010j:plain
「ひでログ」より無断転載
www.hideyoshi-motolife.com

お休み中のはてなブロガー秀吉さんがいつかアップしてたこの写真。伊豆半島先端の下田市、弓ヶ浜です。こんな風にかっこよくは撮れないけど、心のフィルムに焼き付ける所存!

そしてやっぱり人麻呂君を投入するので、ダートも入れますよ。コレをやらねばオフ車で参加する意味がないぞ!
f:id:norimaz:20180523132330j:plain
ほら、このダートを通ればね、高速行くより近いでしょ?これが戦略爆撃機・690ENDURO人麻呂の真骨頂なんですよ。決して高速使った方が早くて低リスクなんて事はありませんとも、ええ(汗
このために先日、下見もしておきましたし。


これを書いている5/22時点で、ほぼ準備は整っております。今回新たに作成したのがコレ。
f:id:norimaz:20180523134552j:plain
千里浜は走れるけど砂浜なので、バイクのスタンドが立ちにくいです。なので、コレを使うんですね。ヒモを付けとくと、出発の時に楽です。



行ってきます。


f:id:norimaz:20180523132531j:plain
今年もSSTRに参加できます。パンク神がいたずらしないか、昨年のように予期せぬトラブルが舞い込まないか、心配の種は尽きません。しかしコレとて醍醐味の一つでしょう!自己完結のイベント、楽しんだ心の量こそが各々のプライズとなると信じております。


では、行ってきます。参加される方々、千里浜で会いましょう!

KLX250のインプレッションと、顔替え。

緑のバッタにご執心、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。先般ご紹介させて頂いた新顔について、先代との比較を交え、いんぷれっしょん的な事をお話したいと思います。

 

 

SUPERSHERPAとKLX250(キャブ)を比べてみました。

 

SUPERSHERPA :26馬力で126kg(装備重量)

KLX250(キャブ) :29馬力で132kg(装備重量)

「Webike」を参考

カワサキ KLX250 | ウェビック


重量増があるわりに、パワー差はあまりなさそうです。
スタンドで立っている状態では、シェルパより重さを感じます。
いや、走ってみればパワー差を感じるんだよ、きっと!カタログ数値なんてそんなモンさ!


で、実際に走ってみたら。

 

うーん。

 

多少パワー感はある気がするけど・・・カタログ数値分ぐらいの差・・・かな。ちっ・・・期待はずれかよ。

 

しかし、スタンド状態で得た重量感は、走り出してみるとどっかいってしまう。むしろシェルパより軽ーい感じがする?

 

うーむ。

 

そして、シェルパよりふよふよしたアシ。ストロークが長い分、減衰力にも余裕を持たせてあるのかな。そのせいか?まっすぐ走っていてもなんだかゆったーりと左右に振れるような・・・こんな物なのかな。

 

ま、とにかくダートを走るのが楽しみですヨー♪

 

自宅に帰って、明日のツーリング用に車載工具をセットしました。 人麻呂の前につけてある「GIANT LOOP」のフロントパニア。コレに工具が入っているので、使いまわします。

Giant LoopパニアポケットMotorcycle Motoバッグ???ブラック One Size ブラック 80-4872-TR
  このKLX250のリアは、フェンダーレス化されていてキャリアなどは無いけれど、それはそれとて構想しておきました。

 こんな感じ↓↓

f:id:norimaz:20180322160249j:plain

リアフェンダーの付け根にあるサブフレームに一周して引っかけ、前側はリアステップにくくりつけたら、何とか安定しました。

 

本来フロントに着けるのでしょうが、フロントを重くしたくないし、引っ掛けられるような頑丈なパーツが周辺にない。ちなみに人麻呂君はラジエーターガードにくぐらせて固定しています。

 

 

 シェイクダウン

 

その翌日は、とある河川敷を走るツーリング。めったに来ないKおじさんが久しぶりに参加しています。思えばシェルパを買って、初のオフロードツーリングは今回の河川敷でした。そしてその時もKおじさんが居た。奇遇な感じですよ。ちなみKおじさんはオレンジ色の・・・Dトラッカー。に、オフロードタイヤを履かせたヤツ。かなりのお年ですが、現役ライダー。「この年になってもバイク乗れるんだー」という希望を持たせてくれます。

 

さて、とある河川敷をザーッと走ると、誰かが人為的に作ったと思しき小さな猿ヶ島的な場所に着きました。荷物を下ろしコースに入ると、そこで私はランバ・ラルの気分を味わいました。

 

f:id:norimaz:20180311222554j:plain

ザクとは違うのだよ、ザクとは!」

 

何が違うのかは良くわかりませんが、コース走行が、シェルパに比べ楽しい。圧倒的に。

スタンド状態ではシェルパより重いと思っていたし、カタログ数値も確かに重い。しかし走り味は軽く、走るほどにしっくり来る。
タイヤはT63という普通のトレールですが、安心して倒しこんでいける。そのあと立ち上がりも、自信を持ってアクセルオンできる。シェルパよりあるはずの重さは全く気にならず、いくらでも走れちゃう感じ。

 

ちなみにこの時YYさんのWR250Rと交換してみましたが、コレも良かった!

f:id:norimaz:20180311222704j:plain
パワーはカタログどおりKLXよりあり、同様に重さも感じる。が、小さなコースを周回するのにも持て余すようなことはなく、他人のマシンなのにガンガンイケちゃう。高速道路も結構イケちゃうというし、コレはものすごい高バランスなマシン!やはり1台しかもてないとなったらWR250Rがいいな、と思いました。

 

一方YYさんの方はKLXの軽さに感心してました。WRと比較して軽い、ということですが。

 

125の旭龍にも思った事ですが、やはり「KLX」の名は伊達じゃない!古臭い上にキバを抜かれてしまった「闘う4スト」だけど、その血脈はしっかり感じることができました。

やはり「KLX」!シェルパとは違うのだよ!顔は同じだけど。

シェルパ旧ザクならKLXはゲルググ、WRはガンダムって感じでした。イメージの話。余談ですが、ジオン軍モビルスーツの方がカッコいいなって、常々思っています。

そんなわけで、顔だけでも「闘う4スト」に変更します。あの顔、憧れだったんですよね。ジオン軍にいそうなタイプ。

 

 

 

 ジオン顔にチェンジ!

 

f:id:norimaz:20180310161409j:plain

この顔。KLX250SR、もしくはKDX220SR。

しかし純正品はすでに供給がなさそうなのと、酷似しているものがUFOからリリースされているのを知ったので、コレに換えます。

f:id:norimaz:20180311221254j:plain

UFO PLAST | DF_MOTO

UFO ギブリヘッドライト


しかしなんと、コイツも生産終了っぽい?!どこに聞いても「入荷待ちだけど、目途は無い」という返事ばかり。頼るはオークション。
幸い未使用のアウトレット品があり、出品者(リサイクルパーツのショップ)も遠くなかったので現物を見に行き、その場で購入!


憧れの緑のオフ車にしたかったので、車体に合わせたデカールも購入しました。www.webike.net

KDX220SR用。合うかどうか賭けでしたが、ダメなら切ればね。


で、貼ってみたらドンピシャ!どーなってんの?UFOさん、往年のKAWASAKIレーサーの面を丸パクリですかいな?!おかげで憧れが叶いましたけどね。

このキバがですね、GPZに似ててかっこいいのですよ!GPZでも一番好きな部分でした。

f:id:norimaz:20180311215755j:plain
最初のツーリングで河川敷を走った帰りにライコランドに寄り、使い物にならない小さいミラーを交換する算段をした後の事。

まっすぐな舗装路を走っているのに、ゆらゆら左右に振られます。納車直後にも感じたモノと同様。縦溝のある道なんかで、よくハンドル取られる感じがあるけどあんな感じ。路面のせい?タイヤのせい?それにしても不自然に規則的。どんな道になっても40~60キロぐらいで出現するので、購入元へ。
一通り見てもらったところ、ネジの緩みや空気圧不足はなし。ステムが怪しいとの事で、一度全部緩めて締め直してみたが、症状は変わらず。そんなわけで一時入院となりました。


代車を用意してくれました。
ヒョーすんのアメリカンバイク250cc。うん、まっすぐ走るのはいい。自分の前に何もない感覚は、ちょっと怖いけど慣れるととても爽快である。スクーターと違ってタンクがあるので、ポジションも安定するし。
コレに乗っていると、アメリカのはるかな地平線を目指して走るのはさぞ気持ちよかろう、ただ250ccじゃ嫌だなあって思いました。日本的には充分かも。

返しにいく日はちょうど月が大きい夜で、月に向かって走ると、月光を両腕両脚の内側からフトコロ全体にいたるまで浴びることが出来、月を抱いているような気分で走れたのがなんとも気持ちが良かったです。

そしてKLX250をお迎え、ヒョーすんから乗換え。かるーい!今ならどんなジャンプもできる気がするぅ!


蛇行の原因は、やはりステムベアリングのガタにあったようでした。緩めればガタがゴマかされるのか症状は治まるが、ベアリングを交換してくれたとの事。購入間もない為保障で!良かった。

 

ちなみに納車前のチェックで気になったことを2つ。

・かなりいじってあった感じのする車体なので、もしかしたら「キャブウォーマー」が外されているかも?キャブの脱着のジャマになり、無くても動くが、冬場に「アイシング」という現象がおきやすくなる。のりまつは冬眠しないので、それは困る。
→サービスの方に見てもらっておきましたところ、案の定キャブウォーマーは無く、すぐ装着しますとのお返事。良かった。

・前後のタイヤの周りのスムーズさ。シェルパでコレを見直したら燃費がスゴイよくなった。回してみたら、リアが渋い?!
→サービスの方に確認しておいてもらいましたところ、リアブレーキが引きずっていた。車体にオーバーホールキットが付いていて、元々オーバーホールする予定があった様子との事。コレもキレイに治してもらいました。

相場からも大分お安い機体でしたが、追加無料メンテでお得感マシマシでした。「エンジンのかかりが悪い」との評判のキャブKLX250ですが、インジェクションの690ENDUROよりかかりがいいです。前の持ち主の調整のおかげでしょうか。とにかく今の所、かなりのラッキー物件と思っています。

 

f:id:norimaz:20180311223033j:plain

 

早く暖かくならないかなっと♪

 

代が変わっても土の味

 

土とたわむれ少年の日を思い出す、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。野菜を作るにも土の要らない現代の日本には、人を含めたあらゆる土臭い物は淘汰されるべき物なんでしょうかねぇ等と、いささか感傷的になっておる昨今でございます。

 

 

オイラに土の味を思い出させてくれたアイツ


のりまつは20代~30代の頃、車の趣味を楽しんでおりました。主にスポーツカーでサーキットなどを走る事。ただしここでいうスポーツカーとは、世間一般に想像される物とは違うかも。
いかに「楽しく」走れるか、それが一番でした。乗った車はAW11型のMR2

f:id:norimaz:20180310002220j:plain


足回りのデキはサイテー評価な車でしたが、軽かった。ボディ補強をしてからは、とても楽しい車になりました。
そして友人とチームを組んでレースも。廃車同然の、ターボも何もない軽を軽量化(ただ内装を剥がしただけ)し、補強を入れて耐久レース。これも楽しかった。アクセルは、ほぼ床まで踏みっきり。同じような車が競り合っているので、まさにサイドバイサイドの白熱したレースでした。見た目はひどく地味でしたが、それは先日のモトクロスと同じ。走ってる方はアドレナリン出まくりです。

そんなのりまつ、車好きとしての懸案事項が一つありました。それが、

「いつジムニーに乗るか」

と言うことでした。運転の楽しみを求めるのりまつ、やはりダートも走ってみたいという思いがありましたが、車を複数台所有する余裕はなく、あきらめていました。


ジムニーは無期限で保留としていましたが、車の整備のために新たなニーズが芽生えたのでした。それが、長期整備期間中の「アシ」。その都度友人に車を借りていましたが、それはあまり良いことではないと感じていました。そんなわけで、低コストで確保できるアシ「原付」を購入することに。

しかしやはり、これにもこだわります。まずバイクにしかない形式(2ストとかシングルとかVツインとか)のエンジンがいい。自動変速もイヤ。と言うことで2stの50ccのギアペダルのついたマシンを探し、「NS50F」に出会ったのがバイクの乗り始めでした。

f:id:norimaz:20160314232817j:plain

NS50Fに乗り始め、必然的にハマり、長い時間をかけいつしかメインはバイクへ。そこでもやはりダートへの興味は失せる事がありませんでした。そんなこんなで長年乗ったGPZ900Rを手放し、SUPERSHERPAをお迎えしたのでした。

ここから先は、お伝えしてきているとおり。
GPZと同じ「オートバイ」なのに、砂利でも泥でもどこへでも行ける。姿勢も乗り方も、すべてが自由。自転車と違ってパワーがあるので登りもきつくない。これに乗ることで土の味を知り、仲間も出来て世界が広がり、ついでに出会いもあったりして、本当に人生変わってしまいました。

 

 

KAWASAKI SUPERSHERPA。ウチの機体は「兆治」といいます。

f:id:norimaz:20160330232706j:plain

これに出会ったことは、思い返せば人生のちょっとした転換点だったかもしれません。たかが乗り物で、とんだ誇大妄想でしょうかね。

 

 

でもそろそろ、次に行きます。名残惜しいけど。

 

いや、買い替えますってだけのことなんですが、ちょっとのりまつ的に大きな存在だったもので、少々感傷的になっております。

 

 

代が変わっても土の味

 

SUPERSHERPAはシート高が低く、その分サスペンションのストロークも短くなっています(たぶん)。足着きがいいので安心感は大きいのですが、不整地のデコボコをみんな拾い手に伝わってくるし、いちいち路面に干渉されるのでストレスも大きい。もう少し、足腰の強いオフロードバイクに乗ってみたい。そんな事が買い替えの理由かと思います。

カワサキでSUPERSHERPAの上位互換といえば、やはりKLX250。


インジェクション仕様の最終型は、顔とスペックが好みではないので、キャブの時代の物に絞ります。そして顔もスペックもすごいステキなのが、元祖「闘う4スト」ことKLX250SR。「SR」は確か、カワサキではエンデューロモデルの公道仕様に付いたサブネーム。

f:id:norimaz:20180310161409j:plain

www.kawasaki1ban.com


しかし初めはキックしかなかったのにセルが付き、「SR」のサブネームが無くなり、顔つきも徐々に可愛らしくなり、ついにはSUPERSHERPAに流用されるほどになり、車重も重く・・・

なので初期型のSRを狙いたいところ。しかしコイツはちと古い。ちょっとメンテ技術的に自信がないので、シェルパ顔の時代の機体を探しました。そうして出会ったのがコイツ。

f:id:norimaz:20180310002334j:plain

2006年式で9000キロぐらい走ってる。フェンダーレス化(汚い自家塗装)、フォークにスパッツ、キャブウォーマーなし。結構やっちゃってた人なのかも知れないけど、フロントブレーキのリザーバタンクが、劣化はしてても削れてなかったし、フレームは致命的なゆがみがないことが機械で診断されているはず。オリジナリティあふれる(コゾーっぽいともいう)外装のためにお値段控えめなので、これにしました。


ETCの入れ替えの為、納車に先立って兆治君を引き渡すことになりました。のりまつ仕様にしていたハンドガード、バイザー、シートはすべて元に戻しました。

f:id:norimaz:20180310002619j:plain


バイザーは自分で付け替えた物で「兆治」の名札も付いていたので、持っていた純正との換装を依頼しました。そしたらなんと、兆治のバイザーをKLXに換装してくれちゃっていたのでした。KLXに「兆治」の名札が。うーん。でもちょっと嬉しいかも。

f:id:norimaz:20180310003414j:plain

 

 

ちなみにこのKLX250の名は「兆太郎」。兆治からの引継ぎなので一字取りました。「“桃太郎”から木編を取ったの?」とのツッコミあり、なるほどと思っちゃいました。

ちなみに「ちょうたろう」といえば「あばれはっちゃく」ですよね。「ばかやろう!父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!」って、毎回ぶん殴られてましたね。某有名動画サイトで見ようと試みましたが、削除されているみたいです。時代。

f:id:norimaz:20180310003455j:plain

今年からはこの「兆太郎」で、あばれはっちゃけますよ!

152号を走ったよ。遅いって?

ボジョレーヌ-ボーも旨いけど、酒蔵で寝かせた年代物も旨いと思う、嵩屋天狗堂・番頭ののりまつでございます。
日本中から集まった侠客達が旅路をともにし、やがて果て無き険路を踏破したというようなお話をします。

 

今更ですが・・・

 

酷道ツーリングに行ってきました。

 

京都とハワイに別荘を持つ武州の大店の若旦那はやとぅさんが、とあるブログのコメントで口走ったのが原因で、酷道ツーリングに行く羽目になりました。ええ、志願なんてしてませんとも

 

その酷道とは

f:id:norimaz:20171123134334j:image

国道152号(画像はイメージです)。

 

浜松に端を発し諏訪湖のほとりを抜け、佐久平に至る道。沿道に「秋葉神社」を祀り、別名「秋葉街道」とも。中部日本の山岳地帯を南北に貫く国道と言いたい所ですが・・・

 


貫いてなかった。


152号をツーリングマップルで調べると、天竜川沿いに赤い線が南北に走っています。浜松から浜北、船明(ふなぎらと読みます)を抜けて・・・って、あれ?去年SSTRで通った道ですね。快適な舗装路だったと記憶していますが。
地図上でさらに北上し次のページへ行くと、あれあれ?赤い線が切れてる。
横に逃げる道が付いていて、次のページをめくると・・・
「ヒョー」って書いてある!ふざけてんのか。それだけおっかなくて危なっかしい道って事??

f:id:norimaz:20171123160036j:image

 

よく見たら「ヒョー越林道」という名前が付いています。「兵越峠」の文字が。そしてフキダシに「崩落の激しさに日本のトンネル技術が敗退」と?!

f:id:norimaz:20171123160342j:image

世界中にダムや橋を作って回る日本の優秀な土木技術が、国内の峠を貫く事が出来なかったとは?!自然の力は計り知れませんねぇ!そして、ロマンですよ。何でも叶ってしまう世の中でサグラダファミリアだって完成させちゃいそうなのに、まだまだ開拓できない余地があるなんて。

 

そしてさらに北上すると、もう一箇所、開通していない場所が。これも細く曲がりくねった舗装の「蛇洞林道」を通って迂回して抜けるようです。
f:id:norimaz:20171123160222j:image
雰囲気のある名前ですね。単に未開通なのか、なにかワケがあるのか。「蛇」が付くという事は「蛇抜け」が頻発する、やはり脆い地盤なのか。今回は寸断されている場所までは行きませんが、いつか行って確かめてみよう。

 


首途を祝う遠州の名月


当日の集合場所は浜松の北辺の浜北あたりのコンビニ。のりまつはびわみかんと前乗りで浜松市内のビジネスホテルで泊まりました。
しかし浜松、遠い!「キリン」が、「デカ尻女」ことポルシェ911に「浜松までならバイクの速い」と言い勝負を挑んでましたが、カタナで全開で、浜松まで走るの大変そう。

 f:id:norimaz:20171124234048j:image

 

この日の仕事は半ドンにして、自宅から世田谷のびわみかん宅へ行きました。彼女が仕事を終えるのを待ち20時ごろスタート、浜松を目指しましたが・・・パラパラと雨が。合羽を着るか少々迷いながらも、出掛けに濡れ鼠は惨めなのでフル装備しました。この判断は大正解で、高速に入ると時折激しく降るなること等もあり、着ていなかったら寒さと濡れ鼠の惨めさで、心身ともにやられるところでした。

そして箱根を越えたころ、ふっと空が明るくなったことに気づきました。街の灯りにしては範囲が広いし。

そういえばこの夜は満月でした。西に向かっているから見えないけど、たぶん背中側にいらっしゃるんでしょう。月の見えない月見を楽しみながら、時々振り返ってみたりして、浜松へ向けてひた走りました。不思議と、私らが見たときに限って雲の間から顔を出してくれるような気がするんですね、お月さん。首途を祝う遠州の名月。そういやぁ去年のSSTRの時も、そうでした。仕事も半ドン、いろいろな事がオーバーラップしますよ。

そんなこんなで23時ごろ浜松に到着。食事どころは近くに見当たらないので、セブンイレブンで購入。

サッポロの黒ビールに菊水の「ふなくち原酒」と、固い黒っぽいせんべい。あと甘い何か。意外に絶妙なこの取り合わせを楽しんでいたら、いつのまにか寝落ちしちゃいました。 

ふなぐち菊水一番しぼり200ml×30本

ふなぐち菊水一番しぼり200ml×30本

 

 

ちなみに泊まったところはhotel「Day by Day」。 

www.hotel-daybyday.sala.jp

普通のビジネスホテルより小じゃれててお値段控えめ。ビールはグラスで飲みたいのりまつは、無理を言ってカフェテリアのグラスを室内に持込をさせてもらいましたが、そんな柔軟な対応もしてくれました。バイク乗りは気にしておいたほうがいい駐輪場については、事前に話しておいたので敷地内にしっかり確保しておいてくれました。

ちなみにあくる日、あわてて風呂に入ったりしてたら遅くなってしまい、集合場所に着いた時は時間を過ぎてしまいました。ゴメンナサイ。

 


貫けない国道を、推して貫く!


この旅に集まったのは8人。

関東から6名、お隣愛知県から2名。こよこよさんとははてなツーで面識がありましたが、よくコメントをいただくクワトロさんとは初対面。しかし・・・集合場所でお目にかかり、すぐにわかりましたよ。だって、お年頃が明らかに他の方と違う。ついつい親近感を抱いてしまいます。マシンもいとこ同士だし。

クワトロさんというハンネ・・・赤い彗星の方なのか、みじけぇ夢みた人の方なのか、ドイツの四つ輪の会社なのか。その佇まいからは由来を想像できませんが、いろいろなことに造詣が深そうな方です。

f:id:norimaz:20171124234311j:image

 

ツーリングに先立ち、はやとぅさんによって2チームに分けてもらっていました。すなわちお散歩ペース組と、法定速度組。法定速度組は主にSSで構成されていまして、先導は地元のクワトロさん。ちなみに彼の701smのリアタイヤにはアマリングはありませんでした。お散歩組は主催のはやとぅさんが先導でオフモタとCBで構成。いざとなったらダートにも突っ込んでいけそうなメンツです(?)

 

さて、ここからは写真とキャプチャ画像でスライドショー。動画編集が出来ないわけじゃないんですからねっ(汗

 


f:id:norimaz:20171123160855j:image

天気は快晴、気持ちイイ!コンビニから北上すると、間もなく飛龍大橋。

 

 街灯の、この辺が飛龍なんですね。

f:id:norimaz:20171123160928j:image

 

 

 
f:id:norimaz:20171124234442j:image

船明ダム湖のほとりにて。「月 3km」という道路標示版があります。SSTRの時に通った林道の入り口のあった辺りの集落の名前が「月」というみたいです。

 

 
f:id:norimaz:20171123161133j:image

その更に上流の「秋葉ダム」。真ん中のクレストゲートから放流してました。ラッキー!!

 

道が細くなり、酷道の趣が醸し出されます・・・

f:id:norimaz:20171123175620j:image

ここを左に登ると「青崩峠」らしい・・・オカルトチックでいい名前です。それを過ぎるとヒョー越峠、そこを下ると遠山郷

 
f:id:norimaz:20171123175657j:image

お山の紅葉がきれいです。

 



f:id:norimaz:20171123180251j:image

ほんの一瞬、ぐぐっと切れ込むR6。追いつけないけど、彼の走り、見てみたいなぁ。彼のR6、このツーリングで改めてじっくり見せてもらいましたが、毒っ気の強い顔立ちなのに、ヤマハらしいエレガントさが共存していて飽きが来ない・・・というか、カッコいい!見れば見るほど味がある。クセの強い泡盛みたいですよ、コレは。SS乗るならコレだな、うん!

f:id:norimaz:20171125154931j:image

しかしまさか、彼があんな決断をしていたとは。この時はまったく知らずにおりました。

 

気持ちのいい道で、ちょっと自撮り。

f:id:norimaz:20171124135234j:image

 

紅一点(?)びわみかん。一見スクーターのように見えますが、ローダウンしたCB400SBです。
f:id:norimaz:20171124135410j:image

 

道の駅・遠山郷で一息。
f:id:norimaz:20171123180329j:image

 

法定速度隊は先に行きます。
f:id:norimaz:20171124135516j:image

 

この先の152号も分断されているので、細かい舗装の蛇洞林道へ迂回します。

f:id:norimaz:20171123180420j:image

蛇洞林道を逸れてしばらく登ると・・・

 



f:id:norimaz:20171124235015j:image

別天地!しらびそ高原の絶景です!
f:id:norimaz:20171124234943j:image

 


f:id:norimaz:20171123180514j:image

先に着いていた法定速度組。


f:id:norimaz:20171124235113j:image

森林鉄道が展示(野ざらし)されています。

 
f:id:norimaz:20171123180637j:image

お昼はこれ。うどんと五平餅のセットですが・・・五平餅、でか!



f:id:norimaz:20171125155113j:image
みんなのバイク。天気がいいです。

 


f:id:norimaz:20171124134553j:image

蛇洞林道に戻り、しばらく走るとカラマツ林が。


f:id:norimaz:20171124134609j:image

落ちる松葉が傾きかけた陽に照らされてキラキラ舞います。動画でもわかりにくかった。

蛇洞林道で「地蔵峠」を越え、再び152号へ。しばらく走ると・・・

 


f:id:norimaz:20171124134647j:image

ここが「分杭峠」。停車すらしてはいけません。すれば警備員が寄ってきます。ここから少し歩いたところに「ゼロ磁場」の場所がある為、はやりのパワースポットなのだとか。

 


f:id:norimaz:20171125155152j:image
道の駅・南アルプス長谷ではイベントしてました。みなはこぞってソフトへ。のりまつはというと、下り龍が目を覚ましそうだったのでパス。時間があれば、皆さんを「バッタソフト」の魔境へいざないたかったですねー。

 

高遠を抜けて、杖突峠へ。この時点の気温!

f:id:norimaz:20171124135024j:image
 

空気を読まないペースカーの後ろで大名行列に組み込まれながらも、ようやくゴールのセブンイレブンに到着しました。冬支度50パーセントで行きましたが、寒い!ソフト喰ってなくても寒かった。しかし酷道152号を走破した猛者たちの横顔は、大業を成し遂げたオトコの自負に輝いていました(?)

そしてお互いの健闘を称え合い無事を喜びつつ、それぞれの帰路につくのでした。

 


旅はまだ終わらない


私とびわみかんは、白樺湖を抜け佐久に至り、そこから関越道で帰るルートを選択しました。しかしこのルートは旅の続きでもありました。
すなわち国道152号。

f:id:norimaz:20171124135048j:image

白樺湖の脇「大門峠」を抜け、小県(ちいさがた)に至ります。小県といえば、つい先日上田の外れに新そばを食べに行ったばかりです。
でも今回はそちらには行かず、白樺湖から東の尾根道に逸れ、さらにその尾根から谷に降りるルートを取ります。白樺湖を過ぎたあたりで辺りは真っ暗。暗い人麻呂のヘッドランプで、街灯のない谷降りルートを取るのは怖いんですが。
後からびわみかんのCBがハイビームで照らし出してくれたおかげで、だいぶ明るくなりました!しかしそれも束の間、のりまつのペースが上がってしまい、再び暗中行軍となりました。

↓のりまつの影が長く、後続のびわみかんに照らされて伸びています・・・
f:id:norimaz:20171124135117j:image

そんなスリルを味わいながら、やがて中山道・望月宿へ至ると灯りが戻り、ホッとします。ここからは佐久平の比較的平坦な道。明るければ左に浅間、右に蓼科、収穫前なら黄金色の田んぼに彩られ、信州のイイトコの一部が堪能できるのですが。

 

佐久から高速に乗り、武州が近づくにつれ空気も暖かくなり、旅の終わりを実感しました。高速を降りれば、わが田舎もまた街灯が少なく真っ暗。その分、いつのまにか浮かんでいた武州の名月がより清かに照っている様な気がしました。

 

「昨日はどうもー」って挨拶しておきました。

 

月に見送られ、月に出迎えられた旅でした。